『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

最終話 ありがとうございます、聖主様。


 最終話 ありがとうございます、聖主様。

「おい、トウシ……ぼくの『権限』、かえせや」
「残念ながら、自由に移し替える事は出来んみたいやで……お前は、既に、ウルティマ・ギアスの管轄下にある」

 簡単に言えば、
 ウラスケは、ソンキーの装備品の一つになったという事。
 そして、それは、どうあがいても逃げられない運命になったということ。

「うっとうしいのう……まあ、でも、ええか。……『完全なるぼくら』が必要になる事なんて、そうそうないやろうし」

「やとええけどなぁ」

「もう、バグはおらんのやから、あんたすら必要ないやろ」

「いや、どうやら、全てのバグが『呼びかけ』に呼応した訳やないっぽい。まだ、厄介事の火種は、そこら中に転がっとる」

「……マジか……だる……」

「狩り尽くすまで、ワシらの闘いは終わらん……というか、バグを狩り尽くしたとしても、ワシらの闘いが終わることはない。今後、バグ以外の脅威が出現せんとは限らんからのう。ワシらは、この脆弱な世界を守る最後の砦。立ち止まるわけにはいかんのや」

「なんや、なんや……しばらく会わん間に、ずいぶんとまあ、めんどうくさい正義の味方さんになったようやな」

「正義の味方? アホらしい。その戯言は、ワシという個から最も遠い概念や」

 そう前を置いてから、

「世界という受け皿がなくなったら、当然、ワシにとって大事なモノまで失ってしまうから、仕方なく守るだけ。世界そのものに興味はない」

「……あ、そ」

 同じ意見だったので、
 特に切り返す言葉は思い浮かばなかった。

 同じ資質を持つ者同士だけが共有できる『わずかに弛緩した時間』が流れて、

「さて、ウラスケ……今後について、一つ相談があるんやけど」

「あんたを聖主と慕っとる『昨日の輩』みたいに、あんたの命令下で、バグの残党を狩れって?」

「ワシの言いたい事が、よぉわかったな、えらいえらい」

「……そのガキ扱いやめぇや。対等に扱えとは言わんけど、見下すんだけは、マジでやめてくれ。こんな最低限の頼みすら聞いてくれんのやったら、さすがに、あんたの下では働けん」

「ガキ扱いさえしなければ、まともに働く気があるんか。ずいぶんと素直やな」

「あんたの部下とかマジでイヤやけど……権限を奪われとるから、逃げられへん。ぼくは、無駄なことに労力を費やすほどアホやない。それに、一応は、大事な女二人を助けてもらった恩もある……仇で返すつもりはない」

「ええこころがけや。その真摯さを評価して、ワシの直轄ではなく、遊撃部隊のトップという扱いにしたる。最低限のノルマは課すけど、それを果たしたら、あとは好きにしてええ」

「……ありがとうございます、聖主様。このご恩は忘れません」

「……」

「なんやねん。普通に感謝してんねやろがい。文句でもあるんか」

「ノルマ、めっちゃ厳しぃしたろか」

「そんなにイヤやったら、訳の分からん呼ばれ方を許すなや」

「あいつら、ワシの言う事とか聞かへんねん」

「トップがイジられてる組織とか、大丈夫か。不安なってきたわ。まさか、あんたの親戚ってことで、ぼくまでイジられ倒されるんとちゃうやろな」

「イジられとるワケやない! ウチの組織にはイタいヤツが多いだけや!」

「どっちにしろ、ヤバい組織やないかい!」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く