『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

59話 プライマル・プラチナスペシャル!!


 59話 プライマル・プラチナスペシャル!!

「「……ぁあ、なんや、これ……」」


「ぼくのメルクリウスと……」
「ワシのエルメスが……」


「「共鳴しあっとる……」」


 まるで、最初から一つであったかのように、
 なんの問題もなく、素直に互いを受け入れる。

 パズルのピースのように、
 ガッチリとかみあう。

「こいつは、想定外やな」
「やばい、やばい……これ、なんか、すごい事になるんとちゃうか……」
「膨れ上がる」
「ここまで……」



「「……まだ、あがる……」」



 両者の携帯ドラゴンは、淡い光に包まれて、
 互いの核が、連鎖反応を起こす。

「頭おかしくなりそうや」
「こら、痺れるのう」

 より深い質量を持った核種となり、
 MD粒子が、限界まで加速する。

 ――ふいに、ソンキーが、


「想像以上だ。今の俺では、『その存在』に気づけてすらいなかった『扉』が開いていくのを感じる。おそろしいほどのシンクロ率。俺では、今の俺を理解しきれない。俺は誰だ……俺は……」


 ――全ての条件が一致した。
 よって、開かれる。

 ソンキーと、
 トウシと、
 ウラスケの、
 すべてが――





「「「プライマルッッ! プラチナァァァッッ! スペシャルッッ!!」」」





 直後、
 カッと、強く光を放つ。
 極彩色で、虹色だった。
 派手な『色』で世界が染められる。

 世界の全てを覆い尽さんばかりの輝きは、
 いったん、飲み込むように、全てを包み込んでから、
 ふいに、
 艶やかに、
 パっと、舞うように散った。

 シンと揺れて、
 そよと、風が吹いた。

 高次の静寂。
 穏やかに、
 気高く……


「……はぁ……」


 ――光が溶けた時、
 そこには、
 まるで無限を表すような『二輪の重複する後光』を背負った闘神がいた。





「――はっ、はっ、はっ、はっ、はっ」





 彷徨う冒涜ソンキー(裏トウシ)は、
 自身を調節するため、ウラスケのプラチナスペシャルを乱用し、自身に内包された『三重の魂魄』に号令をかける。

 深淵の集中。
 自分の核へ、自分の全てを集めていく。
 これでもかと、自分の中へと、深く深く潜っていく。

 そして、だから、結果、

「最適化完了。……おぉ……こいつは、すごいな……完全な統一化……融合による歪みが完全に消えている……こんなことも起こりえるのか。こんな状況は、想像すらしていなかった……ははっ、世界というのは、本当に面白い……」





00000000000000000000000000000000000000


 名前『ソンキー(裏トウシ)』
 種族『純神の一等星』
 運命『星の数ほど沢山』
 ・称号『星の数ほど沢山』

 [HP]      【エグい】
 [MP]      【エモい】
 [スタミナ]    【エロい】

 「攻撃力」       ―――――――――――――――――――――――》
 「魔法攻撃力」     ―――――――――――――――――――――――》
 「防御力」       ――――――》
 「魔法防御力」     ――――――――》
 「敏捷性」       ―――――――――――――――――――――》
 「耐性値」       ――――――》
 「HP再生力」     ――――――――》
 「魔力回復力」     ――――――――――――――――――》
 「スタミナ回復速度」  ――――――――――――――――――――》
 「反応速度」      ――――――――――――――――――》
 「精神力」       ―――――――――――――――――――》
 「正気度」       ―》



 プラチナスペシャル『ウルティマ・ギアス』
          『オーバー・ジーニアス』
          『シャットアウト・ゾーン』

 【プライマル・プラチナスペシャル】
 『共鳴融合』(『ソンキー・ウルギ・アース』×『タナカ・イス・トウシ』×『タナカ・イス・ウラスケ』の組み合わせによる三人合体で顕現する『プラチナスペシャルを超えた真の究極スペシャル』。驚異的な戦闘センス・演算速度・集中力により、『融合による戦闘力低下のデメリット』を殺せるようになるという、破格かつ圧倒的チート。この特質は、【 『ソンキー(裏トウシ)』×『他者』 】でも発動しうるが、しかし、共鳴融合は、あまりにもバランスブレイカーなチートスペシャルであるため、前提となる融合条件が凄まじく厳しい。共鳴融合が正しく発動するのは、『ソンキー(裏トウシ)』と同じかもしくはそれ以上に『孤高』で、『高潔』で、『勇敢』で、『強大』で、『荘厳』で、『豪奢』で、『圧倒的かつ徹底的かつ決定的に尊き存在』と融合した時のみ)

 ↑《ふぇええ……そんな厳しい条件だと、誰も達成出来ないよぉ……》
  《とんでもない死にスキルだよぉ……》


11111111111111111111111111111111111111



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く