『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

56話 ウラスケの本音。


 56話 ウラスケの本音。

「ウゼぇなぁ……見えているが、反応しきれない速度……つまりは、俺の一歩上……」
「正しい理解力は尊い」
「上から言葉を降らすなよ。払いのけるのがダルいんだ」
「答えは出た。貴様は私に勝てない……世界は終わった。全てを受け入れろ」

 言いながら、
 バグが、ソンキーに向かって、
 エネルギー弾を放とうとした、
 その時、





「ディザスター・レイ!!!」





 声の直後、バグの背後から、照射が飛んできた。
 それなりに高位力のエネルギー波だったが、
 今のバグからすれば、低次元のお遊戯だった。

 振り返ることもなく、
 薄いバリアを張るだけで消失させる。

「……タナカウラスケ……なぜ、私に攻撃する?」

 冷たい視線を送られて、
 ウラスケは、

「わけのわからん虫ケラ、ごらぁ……調子に乗って、なにムチャクチャしてくれてんねん……」

 まだ、じゃっかん朦朧としているが、
 しかし、強い目線で、バグをにらみつけ、



「かえせ……『その二人』は、『ぼくの女』なんじゃい……」



 つい、ポロっと本音をもらしてしまったウラスケに、
 バグは、とうとうと、

「……高瀬ナナノと繭村アスカなら、私の中で、一つになっている。かえすもクソもない」

「なにが一つや……雑音と異物の受け皿にされとるだけやないか……」

「それは、ただの疑心暗鬼。うがちすぎて、現実が見えなくなっているだけ。私の中で、二人は満たされている」

「俺と一緒だった時までは、まだ、あの二人は、あの二人の意識を残しとった……けど、今は、ただ犯されとる……ただ、全てを奪われて……好き勝手やられとる……あの二人がムチャクチャされとるんを黙って見とる訳にはいかん……絶対にかえしてもらう」

「……はっ……威勢だけは、いつも一丁前だな……で? 実際のところ、どうする? 神気の一つも練れない矮小な貴様では、私に抗う事などできない。私からすれば、そこらを這いずるゴキブリと貴様との間にはなんの差もない。ただカサカサと目障りなだけで、大きな障害にはなりえない」

「確かに、いまのぼくでは何にもできん……けど……」

 そこで、ウラスケは、
 ギリギリと奥歯をかみしめてから、

「トウシ……ぼくと合体せぇ」

 そう懇願した。

 ウラスケの覚悟を見たソンキーは、
 己の中のトウシと、部分的にスイッチして、

「合体ねぇ……その心は?」

「これまでの流れを精査した解答。あんたとソンキーのシナジーは完璧や。けど、一個だけたりんもんがある。それは、ぬぐいきれない歪み。ぼくなら、それを補える。あんたとソンキーとぼくが一つになれば……誰にも負けん」

 ウラスケとトウシの会話を、
 バグは黙って聞いていた。
 矮小な小物のあがきを見守る姿勢。

 『どうにもならない現実』をどうにかしようともがいている様は、
 バグの魂に、震えるような愉悦を与えた。
 『このために産まれてきたのだ』とすら思える、激烈な悦楽。


「……残念やけどなぁ、ウラスケ。あのバグとワシらは違う。誰もが皆、合体した分だけ強くなるわけやない。今のお前と合体したところでタカが知れとる。というか、普通は合体したら弱くなんねん。たいがい、ちょこっとステータスの数値が上がるだけで――」

「ぼくをナメるのもええ加減にせぇよ、トウシ」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く