『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

40話 寂寥感ではない何か。


 40話 寂寥感ではない何か。


「ぼくにとっての幸福は……いたって普通に……正常な家族の形成で……だから、ぇっと……」

「正常とは? 具体的に?」

 という問いに対して、ウラスケは、




「――異質を伴わないこと――」




 反射みたいに、最短の即答で答える。
 まるで暗記した問答。
 もはや早押しクイズ。
 正解かどうかではなく、いかに早く答えられるかが大事で……

「その答えが具体的だと思う?」

 問いの前で、空回りしてしまわぬように、
 無様に揺らいでしまわぬように、
 ウラスケは自分をしっかりと保って、

「具体的だ……ぼくにとっては……ぼくにとってのイヤなもの……その淘汰……が成された上での状態が……異質を伴わない正常……」

「イヤなもの、ねぇ。また抽象的になったわね」

 自分を保とうとした分だけ、
 『足下が揺らいでいるのだ』という自覚に繋がる。
 答えなんてない。

 ウラスケは、また、自分を見失う。
 若さという呪縛の底でもがき苦しむ。

 中学二年生。
 どこの誰であろうと、どれだけ高き血を有していようと、いっさい関係なく、
 無慈悲に襲い掛かってくる、例外なしの最大級に不安定な時期。

 青春は地獄。
 どれだけ大人が必死になって美化しようとしても無駄。
 この時期の『人格的揺らぎ』はえげつない。

 ――アスカが言う。

「正常という状態にも、家族という形式にも、あやふやさはともなう。『こうしたい』という明確な目標はなくとも、幸福になりたいかと問われれば、なりたいと答え、一応は、言葉にできる幸福という観念は持ち合わせている……それがあなたの現状ということで大丈夫?」

「……まあ……言葉という型にむりやりはめようとすれば……そうなるのかな……」

「それ、私と何が違うの?」

「……」

 彼女からの疑問符に、
 ウラスケはまた深く頭を使った。

 考えて、考えて、考えて、
 その結果、

「一つになって、最後にはゼロになる……普通に結婚とか……普通に最後を迎えるとか……そういう……」

 答えのない問題の中でアップアップになる。
 訳の分からない焦心が、ウラスケの目を曇らせる。
 不可解な焦慮。
 自分自身、何を不安に思っているのか分からなくなって、
 だからまた足下がグラついて、

「何が違うのかも……ぼくには……」

 寂寥感(せきりょうかん)ではないのだ。
 決して。

 彼は自覚していないが、
 彼にそんなものはない。

 『田中・イス・裏介』に、そんな贅肉はない。


「ぼくの中にある……漠然とした欲求は……その答えは……」


 ようやく気付く。
 実のところ、
 そんなものはないのだ。

 念のために生きているだけのウラスケに、
 本当の望みなどあるはずがない。

「そうか……」

 言葉にしてみて、気付いて、
 自分に対して失望する。

 ――誰もが一度は経験する、不安定極まりない『中学二年生』という地獄、
   その底で、ウラスケは『不透明な自分』という不条理な回答にたどりつく。

 明確であると思いこんでいただけで、実際のところはそうでもなかった。
 もっといえば、そういう視点から目をそむけていた。

 自分に期待などしていなかったが、
 ここまでカラッポだったのかと気付き、
 芯の気力がくじけた。

 ヘナリと歪む、ウラスケの軸。



 そんなウラスケを、
 ――ネオバグは、優しく抱きしめる。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く