『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

35話 優等種と劣等種。


 35話 優等種と劣等種。


「そんな気はしてた……確証はなかったけど、たぶん、そうなんだろうなって」


 アスカの黒刃をはじき返しながら、ナナノは、冷静にそうつぶやく。

 アスカは、一瞬だけ、ギリっと、『心底ウザったそうな表情』を浮かべたが、
 すぐに、スっと表情をフラットに戻して、

「……いつから?」

 そう問いかけると、
 ナナノは、視線を外しながら、

「ちょっと前。正確にいつだったかは……忘れた」

 淡々とそう答えた。
 感情のない声。
 友人に向ける声ではない。
 敵対者に向ける殺意の色。

 ――アスカが尋ねる。

「誰かを殺した経験は?」
「ないわよ、親殺しのあんたとは違う」

「……つまり、完全な初期状態ってわけね」
「どういう状態かなんて知らない。なに、あんた、そんなに、コレに詳しいの?」

 そんなナナノの問いを無視して、
 アスカは、ニっと笑い、

「……劣等種の初期個体。食える……余裕で……宿主ごと、あんたの全部をもらう」

「ずいぶんと、ふざけた事を言ってくれるわね」

 そこで、ナナノの全身を、黒いオーラが包み込む。
 その様子を見て、アスカは鼻で笑い、

「ナメているのはそっち。気配で分からない? ……ぁあ、それもわからないレベルか。じゃあ、教えてあげる。あなた程度じゃ、私の足下にも及ばないってこと」

 そこで、アスカは、自身のオーラを膨らませてみせた。

 それを見て、ナナノは、



「……っっ?!」



 思わず、ゴクっとつばをのんでしまった。
 彼女の中にある『本能』が最大級の危険信号を鳴らす。

「どうして……そんな……」

「この数年間で、私が食ってきた『命』の数は三ケタを超えるから」

「さんけた……っ」

 そこで、繭村アスカは、ニっと笑い、

「初期状態のあなたと違い、私は、すでに、最終形態まで進化している。『繭村アスカ』は、『私』を正しく理解していないから、『昨日の輩』程度にも怯えていたが……私がその気になれば、あの程度の連中、どうとでもなる」

「……昨日の……輩?」

「我々を狩ろうとしている者。神話狩りとか言っていたかな。ははは……それなりの力を持っていたようだけれど、最終形態にまで進化した私を狩れるほどじゃない」

「……」

「それに、今の私には、そこそこの力を持った下僕もいる。あれはいい。まだまだ発展途上で、現時点の力は、私に及ぶべくもないけれど、しかし、潜在能力は凄まじい。さすがは、『この銀河の正当なる支配者』の血統といったところ」

「下僕……まさか、田中裏介のこと?」

「神話狩りとの闘いで成長したタナカ・イス・ウラスケと、あなたたち劣等種という『養分』を喰らい尽した私が一つになれば、『究極の神』をも超えた絶対の個体『究極最終形態ネオグレートバグ』となれる。その時、世界は、本当の『運命』を知る……」

「あんたと、田中裏介が一つに……そ、そんなこと……絶対に許さない……」

「ん? ああ、まだ、宿主の意識を完全に抑え込めてはいないのか。ほんと、ハンパな個体ね。私のような優等個体とは比べ物にならない、完全な劣等種。私は、優等種だから、最初から、『根源的な人格』以外の全てを掌握していたわ」

 そこで、アスカは、両の拳を握りしめ、

「食べる前に、少しだけ魅せてあげる。優等なバグの、正しく進化した、美しい姿を」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く