『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

34話 死ねばいいのに。


 34話 死ねばいいのに。

「なんで、あの女だけ……あんなにめぐまれているの? ゆるせない……こんな理不尽……こんな不条理……」

 鈍器のようなネガティブにボコられて、どんどん、パっと見の印象が悪くなるアスカの表情。
 心の奥から、黒い何かが沸きあがってくる。

 核分裂のように、膨らみ続ける膨大な嫉妬心。
 とまらない。
 頭の中が、どんどん、ジットリとした重たい熱に支配されていく。
 どんよりと、どこまでも黒く、邪悪な湿気を帯びて、

 ――彼女は気付かなかったが、
 この時、
 胸に刻まれた『黒いキズ』がわずかに光った。


「……きらい……きらい……」


 握った拳。
 少し長いツメが掌を刺す。
 ジワリと滲む血。
 赤に、純度の高い漆黒が混じった、鈍い色――

 鏡にうつるアスカの目は黒く充血しており、
 歯がむき出しになっていた。
 出っ歯と言えるほどではないが、わずかに、前歯の位置が悪い。
 その歯並びも、彼女のオーラを神秘化させている『絶妙なパーツ』の一つなのだが、彼女の視点ではそうじゃない。
 ただの、整っていない醜い歯でしかない。

 ――高瀬ナナノはそうじゃない。
 彼女の歯は、整っていて真っ白。
 笑顔を抜群に際立たせる宝石のよう。
 繭村アスカと違い、
 高瀬ナナノは美しい。

「……死ねばいいのに……」

 その声音には、本気の熱量がこめられていた。
 ガチンコの本音。
 特に珍しくない、女の嫉妬。
 そこから産まれる、本格派の殺意。

 『それ』を――アスカの中のネオバグは、目ざとく嗅ぎつける。





『――了解。その黒き願い、確かに承った』





 彼女の中で、ネオバグが笑う。
 邪悪で漆黒の微笑み。

 ……プツンと、
 アスカの意識は、そこで途絶えた。

 黒いキズが、
 アスカを飲み込んでいく。


 ★


 彼女が奪われたと同時、
 ウラスケは、妙な気配・異変に気付いた。
 わずかな波動。
 小さな歪み。

 ウラスケは、即座に、恥も外聞もなく、女子トイレに突入した。
 しかし、そこにアスカの姿はなく、

「ちっ」

 ウラスケは、すぐさま、メルクリウスを呼びだして、


「トランスフォーム・モード・ネメシスコード」


 変身すると同時、
 不可視化状態になって、周囲の捜索を始めた。


 ★


 ――一方、その頃、
 アスカは、迷いなく、一直線に、空を駆け、自分のクラスに突撃していた。
 狙いはただ一人。
 高瀬ナナノ。
 繭村アスカの敵。

「見つけたっ」

 ネオバグ・フィールドを展開しているので、黒いオーラに包まれている彼女の異変に誰も気づかない。

「……殺してやる」

 ギラリと、猛禽類のような鋭い視線でナナノをとらえると、
 アスカは、右手に力を込めた。
 黒いエネルギーがギニギニと音を立てて固形化していく。
 鋭い黒刃となった右手を振り上げて、
 ナナノに切りかかろうとした、
 その時、





「――やっぱ、あんたもそうだったんだ」





 ナナノの右手に、ナナノの『奥』から溢れでた黒いオーラが集結し、
 アスカの黒刃とそっくりの刃になった。

「――っ?!」

 ギィインッッ!!
 と、耳障りな音が響いた。
 黒刃と黒刃がぶつかりあう音。


「そんな気はしてた……確証はなかったけど、たぶん、そうなんだろうなって」


 アスカの黒刃をはじき返しながら、ナナノは、冷静にそうつぶやく。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 迅生

    まさかのネオバグどうしの戦い( ・∇・)

    0
コメントを書く