『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

32話 タナカウラスケの学校生活。


 32話 タナカウラスケの学校生活。

 ナナノと別れたあと、
 学校に向かい、歩き出す二人。
 数秒、無言だったが、
 ふいに、

「田中くん」

 名前をよばれて、ウラスケは、

「へ? なに?」

 そう返事をすると、わずかな時間――『2~3秒の間』を経てから、
 アスカが、無理に感情を殺したような、変にフラットな声で、

「ナナノって、かわいいよね」

「急にどうした」

「ただの雑談。こたえてよ」

 フラットな圧力に押され、
 ウラスケは、少し委縮しつつも、
 しかし、なんとか、

「……まあ、高瀬は、カースト最上位の美少女様やからなぁ……そら、まあ、もちろん、カテゴリ的には、チョーかわいいに分類されるやろう」

 淡々と、自分の意見を並べていく。

「加点方式で点数をつけた場合、好みが反映されるから、バラつきが出るやろうけど、減点方式にしたら、目も鼻も肌も髪も、どこにもマイナスをつけられんから、普通に満点になる……そういう、稀代の美少女――」

「一般論なんて聞いていない。私は、あなたの意見を聞いている」

「……」

「あなたの視界に、彼女はどううつっているの? 正直に答えて」

(なんか、取り調べを受け取る気分やな……ぁあ、しんどい、しんどい……)

 ウラスケは、心の中で深い溜息をついてから、

「まあ、かわいいと思う……非常にレアなルックス……」

「つきあいたいとか思う?」

「まあ……普通に……」

「そう」

 平坦な声でそう言うと、以降、アスカは無表情のまま黙りこくった。
 そんな彼女の奇妙な態度を受けて、ウラスケは、心底辟易した顔で、

(……この空気、きっついなぁ……くそが……なんで、こんな目にあわなあかんねん……)

 と、また、心の中で溜息をついた。


 ★

 学校に到着すると、
 二人は、他者の好奇心を刺激しない『適切な距離』をとって、
 いつも通りのルートを通り、自分の席についた。

 アスカは誰ともしゃべらずに、カバンから『本』という名の分厚いバリアを取り出すと、おもむろに『現在、本を読んでいますので、声をかけるのは、ご遠慮ください』系のATフィールドを展開する。

 そんな彼女をチラ見しつつ、
 ウラスケは、『友人』と談笑を開始した。

「タナッカマン、ごめん。昨日教えた小テストの範囲、ちがってた」
「三時間目のやつ? エエよ、べつに。大丈夫、大丈夫」
「さすが、タナッカマン。『範囲なんかどうでもいい。俺が受けたテストにつく点数は100以外ありえない』……ってやつだね」
「ってやつかどうかはわからんけど……」

 ウラスケには、普通に友人がいる。
 ウラスケは、『当然』、成績でブッチぎりの学年一位を取っているが、
 そんなことよりも、『友人がいるという事』の方がはるかに自慢だった。
 その事実があれば、『自分は、タナカ家の連中とは違うのだ』と言い張っていられるから。

 友人である『無能な彼』との会話で得られるものはゼロだし、
 わずかも楽しくないし、
 心底かったるくて仕方ないし、
 『ふざけたあだ名つけやがって、殺したろか』と憤慨しているが、
 しかし、そんなことはどうでもいい。

 『イカれた血筋の連中』と『違うステージ』に立っているか否か。
 それだけがウラスケにとっての全て。

(……しかし……このアホは、どうして、こうもくだらん事しか喋られへんのやろうか……そうしてアホをさらし続けるより、黙っといた方が、社会にとってまだ有益やと思うんやけど……)



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く