『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

31話 挑発と牽制。


 31話 挑発と牽制。

「ちゃんと、答えなさい!」
「……落ち着け。ちょっと離れろ」

 異常に近かった距離を清算し、
 最低限のパーソナルスペースを確保すると、
 場を整えるように、一呼吸を入れてから、

「……お前がここにおることは、偶然。OK。それは理解した。お前の言い分は飲み込んだ。というわけで、いったん、ぼくの話に耳を貸そうか。あー、ごほん。まず……そもそもの話、なんで、ぼくの事情を高瀬に言わなアカンねん、と、ぼくなんかは、前提的にそう思ったりするわけで――」

 落ち着いて話をつけようとしているウラスケ。
 しかし、興奮しているナナノは、
 ウラスケと穏やかな会話をする気などないようで、

「昨日、いろいろ教えてあげたでしょ!」

 強い目と強い口調でそう叫んだ。
 ウラスケは、軽く頭を抱えて、ため息交じりに、

「昨日、色々と教えたんは、どちらかといえば、ボクの方で、そっちからの情報は非常に少なかったと記憶して――」

「とにかく!! 事情はキッチリと――」

 と、そこで、
 それまで静かだったアスカが、

「ナナノ」

 と、よく通る声で名前を言ってから、

「ナナノには関係のないことでしょ?」

 その、まるで『歴戦の剣豪が得意の居合切りでも披露した』かのような、バッサリとした発言を受けて、

 ――ナナノの顔から赤みが消えた。

 興奮状態が一周して、
 『女の深部』がヌルリと顔を出す。

 ヒステリーが限界値を超えた時、
 女は人間(ヒト)から修羅へと変わる。

 スっと、白く、冷たく、
 凍えるような声で、

「……随分と挑発的ね、アスカ」
「挑発? 意味が分からないわ」

 ビリビリと、互いの視線をぶつけあう。
 高まった感情は刀。
 ギラリと怪しく輝いて、空気を地獄色に染める。

 この地獄の中心にいるウラスケは、
 額にうかぶ冷や汗をぬぐいながら、

「いやいや、お前ら、なんでキレてんねん……お前らの間で何があったんや……いや、理由とかどうでもええ。この空気、耐えられへんから、ちょっと、お互いに、その目、やめぇ。今のお前ら、マジでやばいで。名のあるシリアルキラーでも裸足で逃げ出すんちゃうか? ほんまに勘弁してくれや。……はい、そこ、拳を握るんはヤメようか。いやいや、近づくな、近づくな。やめぇ、て! はい、やめ! ぼくの『女に対する幻想』をブチ殺すのはそこまでや!」

 必死になって、二人の間に入るウラスケの眼前で、
 ナナノは、一度、ギリっと奥歯を強く噛みしめてから、

「アスカ……今日、昼休み、屋上」

 そう言って、ウラスケたちに背を向けて、
 足早に、この場から去っていった。

 ウラスケは、戦慄したまま、彼女の背中が見えなくなるまで見送ったところで、
 アスカに視線を向けて、

「おいおい……なんや、なんや。マジで、どしたん?」

 うかがうように、腫れものに触るように、そう声をかけると、
 アスカは、冷静なすまし顔で、

「少し話があるって言われただけ。あなたは気にしなくていい。いつものことよ」

「……さっきみたいな地獄の空気が、いつものことなん?」

「そうよ。知らなかった? 女の子って、だいたい、みんな、あんな感じで会話をするわ。いわゆる、ひとつの、あるあるってやつね」

(そんな生き物、おってたまるか……)



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く