『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

29話 黒いうずき。


 29話 黒いうずき。

 アスカは、ボタンを外しおえると、
 躊躇なく脱ぎ捨てて、
 グイっと、中に着こんでいるTシャツも脱いだ。

 そして、上半身は、『実用性だけを重視しているスポーツブラ』のみとなった。
 アスカが、その最後の守りであるブラにも、迷いなく手を伸ばしたところで、

 さすがに、
 ウラスケも、

「やめぇや、どしたんや」

 彼女の腕を掴んで、脱ぐのを阻止する。

 ――が、

「いいから、見て」

 彼女の強い態度におされて、
 ウラスケは、彼女の腕から手を離す。

 アスカが、ブラを脱ぎ去ると、
 胸の真ん中に、

「それは……」

「やっぱり、見える? これ、他の人には……見えないみたいで……」

 アスカの胸には、まがまがしい黒いキズ(左乳首の上部分から右乳首の下部分にかけて、まっすぐ斜めに一本の線のように)が刻まれていた。

「これ、もしかして……」

「うん。ネオバグが、初めて私の精神を犯したときに出来たキズ……両親をこの手で殺した翌日……これが刻まれていることに気づいて……」

「それ……いたむのか?」

「うん……ズキズキして、すごく疼(うず)く……でも、今までは、私以外、誰にも見えなかったから、誰にも相談できなくて……」

「……」

 そこで、アスカは、胸を抱えて、

「くるしい……」

「だ、だいじょうぶか?」

 うずくまったアスカの肩を支えるウラスケ。
 そんな、自分を支えてくれるウラスケに、
 アスカは、濡れた目で、

「さすってもらえたら……少しは……楽になると思う……」

「そ、そうか……わかった」

 そう言って、ウラスケは、
 一度、グっと、両眼を閉じてから、
 覚悟を決めて、
 彼女の胸に刻まれた黒いキズに、手をあてた。

 そのキズは、まるで、騙し絵のようで、
 キズ特有の凹凸などはなかった。

 サラサラしていて、
 少し暖かい。
 少し強く押すと、指先がフニャリと沈んだ。

「なでるだけじゃなくて……もう少し……強く……さすって」

「強くって……いや、でも……これ以上は――」

「いいから」

 焦れたような強い口調でそう言いながら、アスカは、ウラスケの首に手をまわして、

「握るくらい、強く……おねがい……そうじゃないと……苦しい……死にそう……」

 いわれて、
 ウラスケは、

「……っ」

 グっと、奥歯をかみしめながら、
 彼女の胸のキズを、強くさする。
 フニャリとゆがむ胸を、強く、強く。

 彼女の肌は、とても白く、おどろくほど柔らかかった。
 スルスルと手が流れて、
 全身の気が、指先の神経に集まった気がした。
 溢れ出る脳汁。
 不自然な勢いで体温が上がる。

 頭が溶けそうになって、つい、手を離しかけたが、
 しかし、

「まだ、疼くから……おねがい、もっと……」

 彼女にそう言われて、
 ウラスケは、仕方なく、また歯を食いしばった。
 夜はまだ、はじまったばかりだった。


 ――ちなみに、彼女の『疼きや痛みがある』という発言は、ウソだった。
 この黒いキズが、ネオバグの発現によって刻まれた跡なのは確かだが、
 別に、痛みもうずきもしない。
 これは、あくまでも『彼女が、ネオバグの支配下に堕ちた証』でしかなく、彼女を蝕むような代物ではない。

 だが、完全なウソではなかった。
 胸に痛みがあって、奥が疼くのは本当だった。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く