『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

28話 完全に人間をやめた……わけではない。


 28話 完全に人間をやめた……わけではない。

「なんでも裏社会の方では、『ウチの家系に手を出したらあかん』ってルールがあるらしいから。仮に、そういう基本ルールすら知らんレベルのショボいチンピラにさらわれたとしても、すぐに、『やんごとない誰か』が動いてくれる」

「……」

「それに、『今のぼく』を誘拐できるやつは、この星におらん。メルクリウスがおれば、数百人に囲まれようと、マシンガンをつきつけられようと、余裕で対処できるから。ぼくの身柄をどうにか出来る可能性があるんは、さっきの連中くらい」

 と、そこで、アスカは、少し暗い顔になって、

「あの人たち……またくるかな」

「くるやろな。それも一番ヤバいやつ……噂の『聖主様』ってヤツがくるはずや」

「……」

「まあ、でも、心配せんでええ。あいつらの闘い方はだいたい分かった。ぼくには勝てん。ぼくがおる限り、あいつらは、お前に手を出せん」

「私が心配しているのは……」

「ん?」

「田中くんの命……」

「……」

「あの人たちのこと……私はよく知らないけど……でも、なんとなく、雰囲気でわかる。あの人たちは、目的のためなら、なんでも出来る人たち……」

「その言い方したら、あいつらが、とんでもない悪人集団に聞こえるから、言語って不思議なもんやな」

 おかしそうに笑ってから、

「人類を守るため……という、大義名分のためなら、なんでもすると覚悟しとる連中……あの手の連中はしんどい。信念を折るんは難しい」

 そこで、ウラスケは、しんどそうに天を仰いで、

(神殺し……か。ほんまにやったんやろか)

 心の中でボソっと、

(神を殺したようなヤツと、ぼくは、この先、殺し合う……抗うためには、神以上の力がいる……無茶な話や……)

 自分の状況をまとめてみた。
 すると、全身の奥で、恐怖が湧きあがった。

(神がどんなヤツか知らんけど、さすがに、ぼくより弱いってことはないやろ……ああ、しんどいなぁ……)

 アスカの前なので、カッコつけて、平気なフリをしているが、
 彼女がいなければ、きっと、嘔吐しながら、のたうちまわっていた事だろう。

 タナカ家の人間は、どいつもこいつも、異常なスペックをもっているサイコパスだが、
 しかし、『完全に人間をやめている』というわけではない。
 つらい・くるしい・きつい・しんどい、それらの感情も、普通に持ち合わせている。

「……田中くん……」

 ふいに、
 アスカが、ウラスケの名を呼んだ。

「ん?」

 視線を向けてみると、
 アスカは、

「これ……見て」

 と、言いながら、シャツのボタンをはずしはじめた。

「……ぉいおい、なにしてんねん……」

 と言いながらも、彼女の手を止めたりはせず、
 ジっと、血走った目で、その動向を見守る。
 『止めるべき』という理性に、本能が真っ向から反論している。
 その辺は、中学二年生男子まっしぐらだった。

 アスカは、ボタンを外しおえると、
 躊躇なく脱ぎ捨てて、
 グイっと、中に着こんでいるTシャツも脱いだ。

 そして、上半身は、『実用性だけを重視しているスポーツブラ』のみとなった。



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く