『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

19話 ガキのワガママ。


 19話 ガキのワガママ。

「ぼくは、凡人でありたかったから、妙な力を手に入れたから言うて、はしゃいだマネはせぇへん」

(こいつが、そうだったとしても、他の奴も、そうだとは限らない……)


 人は、巨大な力を手に入れて、使わずにいられるほど強くない。

(それとも、もしかしたら、携帯ドラゴンは、こいつのような、ある意味で、聖人君子のような、無害の者にしか渡らないようになっているのか……)

 虹宮は、数秒、頭を回転させたが、

(現時点では、いくら考えても分からないことだな)

 と、締めてから、
 ウラスケに視線を送り、

「ぼくの見解だと、お前は危険分子ではない。充分な自制心を持った人間だと判断する。だから、できれば、神話狩りに加入してもらいたいと思っている」

「そら、ありがたい評価やけど、しかし、それは、そっちが繭村アスカの対処について考え直してからの話や」

「考え直すべきなのは、お前だ。お前は、現状が理解できていない。その女は、いつ爆発するか分からない核みたいなもの。そして、その被害規模は、『一つの都市に甚大な被害を与える』とか、『数万人が命を落とす』などという、常識の範囲に収まる代物じゃない。その女……ネオバグの中には、世界を終わらせることだって不可能ではない異常なエネルギーが秘められている」

「……しっかりとした厨二やなぁ。顔まっ赤になるわ」

「バカにするのは自由だが、現実は受け止めろ。今のお前は、世界にとって害悪でしかない。おれたちは、文字通り、命がけで、世界のために働いている。お前は、そんなおれたちの邪魔をしている障害。それだけが現実」

 虹宮の言葉を、ウラスケは、キチンと受け止めた。
 内容が理解できないとか、そもそも理解する気がないとか、
 そんな、ズレた逃避でお茶を濁したりはしない。

 ちゃんと飲み込んで、受け止めて、
 その上で、

(……それでも……イヤなもんはイヤなんじゃ、ぼけ……)

 ガキのワガママで迎えうつ。
 理屈や常識にとらわれない奔放なカルマ。
 幼稚さという、トリッキーな剣呑。

 そこで、ウラスケは、
 スっと、目を閉じて、

「……あんたって、めちゃめちゃ強いけど……」

 ぼそぼそと、

「あんたらの大将……確か『聖主』やったっけ? そいつは、あんたよりも遥かに強いんやったっけ?」

「ああ、比べ物にならない。なんせ、聖主は、大いなる邪神を狩った人類の救世主だから」

「邪神を狩った救世主……はぁ……まあ、その辺はようわからんけど……」

 とフワフワした前を置いてから、
 ウラスケは、

「それだけ強いんやったら、少女一人にビビる必要なんてないやろ。今後、繭村の監視はぼくがやる。で、仮にぼく一人で止められへんかったら、その時は、その聖主様がどうにかしたらええ……それだけの話とちゃうんか?」

「今、この瞬間に処理しておくのが、一番簡単で確実。聖主は、確かに、世界最強の神殺し。それは間違いない。しかし、そこのネオバグが、聖主を超える可能性はゼロじゃない。わかるか、その可能性は、決して荒唐無稽じゃないんだよ。もちろん、限りなくゼロに近いのは事実だが、しかし、ゼロではない以上、放置はあまりにも愚策」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く