『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

8話 助けて。


 8話 助けて。

「なんで、私のことがみえるの……あなた……もしかして、特別な人? ……だ、だったら……」

 グっと、近づいてきて、
 ウラスケにすがりつき、

「だったら、おねがい……」

 涙をぼろぼろとこぼしながら、

「……どうか……わたしを殺し……」

 声をふるわせながら、

「……ころ……し……」

 と、そこまで言ったところで、口を紡いだ。
 込みあがってきたから。
 とても小さくて、ほんとうにわずかな、希望。
 そんなもの抱いても傷つくだけだと知っているはずなのに、
 けれど、止まらず、

「こ……っ」

 だから、
 ブンブンと、首を振った。
 誰に対する否定なのか、なんの拒絶意思なのかはわからない。

 けれど、とまらない。

 繭村アスカは、また、大粒の涙をこぼしつつ、
 かすれた小さな声で、

 しかし、ハッキリと、





「……助けて……」





 とつぶやいた。


「おいおい……ちょっと、待ってくれや。なんや、この状況……」


 意味不明な『救い』を求められて、困惑がとまらないウラスケ。

「えと、まずは、話を聞かせてくれ。もし、アレやったら、力になれんこともないかもしれんから……ぇ~とえと、あの……と、とにかく、どこか、ファミレスかどこかで――」

 と、その時だった。

 ギィンと、何かが裂けるような音が聞こえた。
 音の方に視線を向けてみると、

 空間に、何やら、亀裂のようなものが入っていて、
 そこから、
 二人の男が出てきた。
 ――この突飛な状況を受けて、ウラスケは、渋い顔をしてつぶやく。

「おいおい、また、なんか、さらに、ややこしい事になってきたやないか……勘弁してくれや」

 同い年か、もしくは、少し年上くらいの、
 おそらく中学生であろう二人の男。
 彼らは、ウラスケとアスカそれぞれに一瞥をくれると、



「……おい、岡葉。討伐目標って二匹だっけ?」



 味崎がそう声をかけると、
 岡葉が、淡々と答える。


「いや、一匹だけだよ……女の方がネオバグで、男の方は……一般人だね」

「一般人……なら、なんであのガキ、ネオバグフィールドが展開されてんのに、ネオバグや俺らを認識できてんだ? 今も、がっつり、目があってんぞ。あいつ、完全に俺らの姿を視認している」

「さあ、特異体質じゃない? そういう人間もいるってことだと思うよ」

「そんなサラっとすませるようなことじゃないだろ。謎の特異能力者発見って、結構な大問題じゃねぇか」
「そうだね。だから、当初の予定どおり、ネオバグは排除して、男の方は、『聖域(第一アルファの認知領域外にある、神話狩りの拠点)』に連行してから、解析して情報を得ておくとしよう」



 二人は、会話を終えると、
 そこで、ゆっくりと、ウラスケたちの元まで近づいてくる。

 近寄ってくる味崎と岡葉の威圧感に、
 アスカはビクっと震えて、ウラスケにギュっと、強く抱きついてくる。

 そのぬくもりを受けて、
 混乱していたウラスケの心臓に覚悟が宿った。
 ドクンと強く鼓動して、大動脈に極端な圧がかかる。

 ほとんど反射的に、ウラスケは、
 ギンと、目に力を込めて、
 岡葉たちを睨みつけ、

「ちょ、待て、そこの二人、動くな、とまれ……ぼくの話を聞け」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く