『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

5話 タナカ家の秘密。

 5話 タナカ家の秘密。

「滅んだらええのに……とは思うんやけど、ウチの家系って、恋愛に関しては、変に貪欲なところがあって、『コイツ!!』っていうパートナーを見つけたら、わき目もふらずまっしぐらで、せやから、孤独主義者の集団のくせに、血は絶えんという……ああ、ほんま、多角的にキモい家やなぁ、ウチの家!!」

「ふぅん……なんか、おもしろそう。今度、誰か会わせてよ。そこまで言われる人間って、少し興味があるかも」

「いや、無理。仮に、ぼくが了承しても、向こうが断ってくる。『なんでお前のクラスメイトに会わなあかんねん、アホか』って言われて終わり。事情を説明したらしたで、『ナメてんのか、ボケ』って蹴り飛ばされて終わり」

「じゃあ、会わせてくれるのは『あんたの親』でいいけど?」

「……はい?」

「だって、あんたの親も、当然、その『あぶない家系』の中の一人でしょ? 父親と母親のどっちが『その血筋の人』か知らないけど」

「親父の方がそう……ただ、親父は、どっかの国でスパイをやっとるらしいから、ぼくでも会えん。7歳くらいの時に一回だけ会ったけど、それ以降は、一秒たりとも会ってない。あと、聞いた話やと、8割方死んどるらしいから、もう二度と会えんと思う」

「……衝撃の話がバンバン出てきたけど……ていうか、なんで、知っているの? 工作員をやっているかどうかって、普通、家族でもわからないんじゃないの?」

「さっき言った『一つ歳上の従兄』が教えてくれた。あの人、パソコンとかネットとかに詳しいから。……ルートについては聞くなって言われたよ。ハナから聞く気なんてなかったけどね。どうでもよかったから」

「……やっぱり、思ったとおり、あんたって奇妙」

「だから、ぼくは、奇妙じゃないんだって! ぼくは普通なの!」

「親がスパイで、かつ死んでいるって話を聞かされても、なんとも思わなかったんでしょ? 充分、奇妙だと思うけど?」

「一回しか会った事のないオッサンが、何者で、どこで死のうが、関係ないって思う方が普通やろ! ずーっと、一緒に暮らしとった人が、実はスパイでしたぁ、ってなったら、そら『あら、びっくり』ってなるけど! ちょっと、いっかい、具体的に想像してみ? 小1くらいの時に一回会っただけの、親戚のオッサンが、実はスパイでしたって言われたところ。そんなもん、感想なんか、どんなにひねりだそうとしても『え、うそやろ?! まじで? きっしょ!』で終わりやろ?!」

「……まあ、私がどんな感想を抱くかはともかくとして……あんたの話を聞いてみて、普通の家系じゃないってことは、よく分かったわ」

「ほな、秘密は晒し終わったことやし……そろそろ教えてくれる? 繭村について――」

「その前に、もう一つ」

「ぇえ……なに?」

「あんた自身の秘密を、何か教えて。家系がどうとかじゃないやつね。他の人が知らないプライベートなのがいいかな。……『実は、誰々が好き』とか、そんな感じのでもいいし」

「……ぼく自身の秘密……誰も知らない……」

「もうこれが、最後。それを教えてくれたら、アスカの事も教えてあげる」

「しゃーないな……じゃあ、ぇと、これは、誰にも言わんといて欲しいんやけど……」

「うんうん」

「ぼく、本名は、田中裏介ちゃうねん」

「……はい?」

「これも、ほとんど家系の事になるんやけど……ウチの家系って、血がつながっとる人は、全員、特別な名前を与えられるんよ。普段は名乗らない、真名」

「……」

「ぼくの真名は、『田中・イス・裏介』。同じ血が流れとる親戚は、全員、この『イス』という特別な名前を持っとる。どっかでスパイをやっとるオヤジの真名は『田中・イス・栄雅』。従兄の真名は、『田中・イス・東志』でも、ウチの母親は、ウチの家系の血が流れとる訳やないから、普通

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 迅生

    椅子

    0
コメントを書く