『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

裏2話 高瀬ナナノの憂鬱。


 裏2話 高瀬ナナノの憂鬱。

「いや、実は、山下から、変な話を聞いて……繭村アスカは『自分の親を殺したことがある』とかなんとか……で、それが本当かどうか、確かめたかったんや……高瀬は、繭村と同じ小学校やったって聞いて、それで……」

「……」

「いや、うん、わかるで。今、ぼくは、クラスの女子の事情を探ろうとしとる。これがキモいってことくらい、ちゃんと分かっとる。けど、なんか、こう、モヤモヤしてな……なにがどうとは言えんけど……とにかく、確かめたかったんや……ただ、こういうことを、本人に聞くんは、流石にアレやろうって思って……で……同じ小学校出身の高瀬に聞いてみようと……思った次第で……ございます、はい」

「……はぁ……」

 ナナノは、なんだか、ガッカリしたような、それでいて、心底ダルそうな、そういう深い溜息をついてから、

「……アスカの事情とか、聞いてどうすんの?」

「いや、だから、別に、どうもできんけど、ホンマかどうかだけ確かめたくて――」

「だから、確かめて、どうすんの? 意味なくない?」

「……まあ……そうやなぁ……いや、自分でもわかってんねんで。別になぁ……真相を知ったところで、ぼくみたいな『普通の中学生』に何が出来るって訳でもないし……ぇと、だから……ああ、そう、アレや。クラスメイトが、親殺しって……イヤやろ。てか、ホンマやったら、学校に来られるわけないから、ウソなんは分かっとるんやけど……でも、なんかしら、その嘘のシッポに繋がる事情があるんやろうってことで、だから、その……」

「……なに言ってんの? 言いたいことは、ちゃんとまとめてくれない? ワケわかんないんだけど」

「……えと、あの……なんか、自分でもわからんのやけど!」

 そこで、ウラスケは、頭をかきむしってから、

「なんか、繭村って、いっつも無表情で、独りで、まったく喋らんで……で、あの感じが、なんか、こう……イヤっていうか……イヤっていうんもおかしいんやけど……」

「マジで、なにがいいたいの? ほんと、キッチリまとめてくれない?」

「あの……えっと……ぇと、あっと……ぁ、あのな!」

 そこで、ウラスケは決意を固め、

「実は、ウチの親戚って、変なヤツばっかりでな!」

「……急に、なんで親戚の話?」

「ウチの家系というか、『血』というかは、その……なんというか、ほんま、イカれてて……全員、なんか、異常にスペック高くて、その上で、孤高主義というか、『ト・モ・ダ・チ? それは、何星の言葉ですか?』みたいな感じのやつらで」

「……何が言いたいのか、ほんとうに全然わかんないんだけど」

「そ、そやな……概念的すぎたな……えっと、具体的に言うと……『独りでおっても平気』というか、むしろ独りでおりたい……みたいな感じ? 独りで自分を高めていって……それで世界はオールオッケーみたいな……友達とか邪魔やからいらん、みたいな」

「……で、それが何? いっておくけど、今、誰も、あんたの親戚の話とか求めてないんだけど」

「つまり、や……繭村って、そういうんではないやろ? ウチの親戚みたいな感じではないやろ?」

「……」

「なんか、こう……独りでいたいワケやないけど、みんなと一緒にいる訳にはいかないから近づきません……みたいな、なんていうか、見とるだけで、なんか、こっちの心とか胸とか色々な部分が痛くなってくるような、奇妙に重たい空気を出しとって……」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 迅生

    ソンキーと融合かぁ

    0
コメントを書く