『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

裏0+話 うるさい。


 裏0+話 うるさい。

「ガチガチに勝つつもりだった。ルールを遵守した上で、ガッツリと勝つつもりだった。……絶対に勝てると思った。俺が積んできたものは、誰にも届かない場所にあると本気で信じていた……その証拠に、俺、あいつを倒した後のセリフとかも用意していたんだぜ……」

 センエースが用意していたセリフは次の通り。
 『ここまで楽しませてもらった礼だ……今日のところは、願いをかなえてやるよ。ただ、次はどうなるか、わからないぞ、ふふふ……』

「はっ……バカみたいだぜ。あまりにダサすぎる……普通に勝つつもりでいて、普通に負けてやがるんだ、このセンエースとかいうバカは……だから……さすがに、チョケれねぇ……『負けてやったんだ』なんて……そんな、マジで恥を上塗るだけのセリフは吐けねぇ」

「……」

「完全に負けた……流石、お前の弟だ。強かった。めちゃくちゃ強くなっていた。そんなあいつが、トウシというイカれたエンジンを手に入れたんだ。はは、そりゃ、勝てねぇわ。だって、俺、凡才だもん。あいつらみたいな天才じゃねぇもん。俺みたいな、ただの凡人独(ひと)りが、ド天才×ド天才に勝てるわけねぇじゃん。はは」

 カラカラと笑いながら、

「ああ……負けた……負けたなぁ……」

 天を仰いで、

「……俺、弱ぇ……」

 ギリっと奥歯をかみしめた。

「ほんと、無能。極めて、凡愚。天才の前では、地を舐める事しかできないクソザコ。背景に溶け込むしか能のない、堕弱で脆弱で貧弱な、影の薄いモブ」

 自虐しながら、両手で頭をかきむしり、全身を小刻みにふるわせる。
 頭の中が黒いモヤモヤでいっぱいになった。

「何もできない! 何も果たせない!」

 どうしようもなく、いたたまれない。
 とめどない悔しさ。
 溢れ出て、とまらない。
 黒い何かが、全身をズタズタにしている。
 痛みだけが、今のセンエースの『中』にある全部。

「弱い、弱い弱い弱いっっ! ……どうして! 俺は! こんなにっ!!」

 『自分の弱さ』の底へと堕ちていく神の王。
 引きずり込まれる。
 黒くて深い、『弱さ』の底。

 ヒビが入って、穢れて、薄汚れて、
 下を向いて、背中が丸くなって、顔色が鈍い青に染まって、
 ただ、堕ちて、堕ちて……


 そんなセンの頬を、
 シューリは、

「うるさい」

 パァンと、張り上げた。
 音だけは大きかったけれど、
 痛みはほとんど感じなかった。

 魂を注がれたのだと理解できる一発だった。


「……」


 脳内に響いた『張り手の音』で、センは、ようやく前を向く。
 ジっと、まっすぐに、センの目をみつめているシューリ。
 シューリの、

「ふざけるな」

 言葉が、センの中に浸透していく。

「そうじゃないだろ」

 強い目をして、センを叱るシューリ。
 『素』をさらけだしてでも、伝えようとしている言葉。
 膨れ上がった怒りが、『素を晒す不快感』を超えてしまった瞬間。

 つまり、今、この瞬間だけは、
 全てのプライドをかなぐり捨てて、
 センと、全身全霊で向き合っているという事。

 その事実に触れて、
 センは、脱力した。
 『自分を底へ引っ張る』という、
 その無意味極まりない『力(りき)み』が死んだ。

 軋んでいた奥歯が解放される。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • キャベツ太郎

    P3来ないかな?

    1
  • ノベルバユーザー341225

    頑張れ

    2
  • 迅生

    お、センエース復活ですか
    これからどうやって壁を越えるのか楽しみです(*´ω`*)

    2
コメントを書く