『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

裏0話 敗北者。


 裏0話 敗北者。

 ソンキー・ウルギ・アースに、フルでボッコボコにやられ、普通に死に掛けた神の王。
 死ぬ直前に、どうにか瞬間移動で、ソンキーの照射から逃げのびた究極超神の序列一位。
 ボコられて、死に掛けて、結果、シッポを巻いて逃げ帰ってきた舞い散る閃光。
 そんな散々な主人公に、シューリは、開口一番、

「なんで、究極超神化7を使わなかったんでちゅか?」

 冷たく、そう声をなげかけた。

「さっきのは、俺とソンキー、どちらが『強い』のかを決める闘いだ。純粋に、どちらの『武』が上か」

 乾いた言葉で、次を繋ぐ。

「究極超神化7は、俺の努力だけで辿り着いた世界じゃない。ゼノリカがなかったら、辿りつけなかった次元。だから、さっきの闘いでは使えなかった。使わなかったのではなく、使えなかった」

「わけのわかんない理屈でちゅね。ていうか、そんなこと言いだしたら、あの愚弟だって、自分の努力だけで真・究極超神化6にたどり着いたわけじゃないんでちゅけど」

「誰かの理解を求める気はない。これは、俺とあいつの問題だ。それに、同じ出力でやってこそ、どっちが『強いか』をハッキリさせることができる」

 先の『闘い』で問われていたのは、『どちらが勝つか』ではない。
 徹底的に、純粋な『戦闘力』の競り合い。
 だから、『出力』は同じでなければいけなかった。

「あえて明言するまでもない『至極当たり前の話』だが、一応、言っておくと……『マナーも流儀もプライドもへったくれもない、無粋な命の奪い合い』なら、あいつは、絶対に、俺には勝てない」

 究極超神化7という超次威光を前にすれば、今のソンキーでは、何もできない。
 チョチョイッと、ぬっ転がされて終了。

「もし、先の闘いが、『何がなんでもソンキーを殺さないと、世界がどうこうなってしまう』という危機的状況だったなら、俺は絶対に負けなかった。――が、俺とあいつの闘いは、そうじゃない」

「ぁれ……ってことは、もしかして、お兄は、あの愚弟に、『ガチで負けた』ってことになるんでちゅか?」

「ああ。俺は……負けた……本当に……ただ……純粋に負けた。凡才の俺が、天才のあいつに敗北を喫した。それが、現状の全て」

 と、素直に『自分の敗北』を認めたセン。
 肩透かしをくらった気分になったシューリは、
 少しだけ、ほんのかすかな戸惑いを見せてから、
 いつもよりも、ニタニタ笑いを強めて、

「……おやおや、ずいぶんと素直でちゅね。将棋の時みたいに『負けてやったんだ』とは言わないんでちゅか?」

 シューリからの問いに、
 センは、とうとうと答える。

「ハルスとやった時は、ほんの少しだけ、マジで、負けてやっても構わないという設定にしていた」

 あの勝負では、『自分の負け』を設定して挑んだ。
 というか、ハッキリ言ってしまえば、
 あんなものは、勝負でもなんでもなかった。

 センエースが、ハルスを試した結果、
 センエースの想定以上に、ハルスが頑張りました……
 ――それだけの話。

「……だが、今回は違う。ガチガチに勝つつもりだった。ルールを遵守した上で、ガッツリと勝つつもりだった。……絶対に勝てると思った。俺が積んできたものは、誰にも届かない場所にあると本気で信じていた……その証拠に、俺、あいつを倒した後のセリフとかも用意していたんだぜ……はっ……バカみたいだ」



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー361482

    やっぱり7を使わなかった理由はそれかぁ。。。

    0
  • キャベツ太郎

    お疲れぃ

    1
コメントを書く