『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

141話 俺の方が強い。


 141話 俺の方が強い。

「悪いな、センエース」
「なぜ、あやまる?」
「お前よりも『積み重ねた絶望』は少ないのに……俺はお前と同じ領域に辿り着いた。流石に申し訳なく思う」
「そうだな。マジで謝ってほしい。……なんつーか、まるで、古い例えみたいだ。階段とエスカレーター。あるいは、休まないウサギ。……俺が、『真』に届くまでに、どれだけの絶望を積んできたと思っていやがる……」

 センは、肩を震わせながら、

「ふざけんなよ、マジで。いい加減にしろ。狂った才能ごときに、この俺を超えさせはしねぇ。お前よりも、俺の方が強い!」

「いや、俺の方が強い!!」

 張り合った意地。
 決して無意味じゃない。
 気概をぶつけあうことから始まるのが闘争。
 言霊(ことだま)で殴り合うのも立派な戦争。


 ――ソンキーは、グンと一歩踏み込んだ。
 拳に、膨大なオーラを乗せて、センエースのどてっ腹にぶちこむ!

「ぐぅぉおおっっ!! ぐぅ……っ……いってぇなぁ、ちくしょぉ……」

「舞い散る閃光センエース。俺は……お前を超えた!!」

「っ……はっ……夢で終わる寝言だな……俺を超える者は存在しないっ!! それが、世界の真理!!!」

 負けじと、センエースも、ソンキーの腹部に一撃を叩きこむ。


「ぐぬぅうっ!!」


 激痛に顔を歪ませるソンキーに、センエースは言う。

「ソンキー……お前は、今後も永遠に、『俺に勝つ夢』だけを見続けていればいい。最強は俺だ。目ん玉を見開いて、よく見てみろ。どうだ? わかるだろ? これまでに積んできた『全て』が俺を祝福している! 中坊と合体しただけでのテメェに、この俺が……負けるワケないんだ!!」

 それは、『美麗』という概念から、随分とかけ離れた、醜い殴り合いだった。
 泥にまみれた意地の応酬。
 向きだしの全てが収束していく。

「そうだ! 負けるわけねぇ! ……だって……だって、俺は……」

 終わりが見えてきた。
 ビキリと、平行線にヒビが入る。

「ぃ……ぃや……ちょっと待て、ソンキー……ふざけんな、マジで……俺が押されている……ウソだ……俺が……だって、俺が、最強で――」

「俺の勝ちだ……センエース」

「はしゃぐな! いい加減にしろぉおおお!!」


 センエースは、魔力とオーラを最大限まで高めていく。

「こんなワケねぇ! 俺が! 俺が、お前に負けるわけねぇええ! 俺が積み重ねてきた全てが、俺以外の誰かに劣るなんて、そんな――こんなこと――ありえねぇええんだよぉおおおお!!」

 両手に集めたエネルギーが限界まで達したところで、





「死ねよ、ソンキィイイ!!

  ――異次元砲ぉおおおおおおおおおおおおお!!」





 凶悪な照射。
 全てを喰い破ろうとしている咆哮。

 それに対し、ソンキーも、

「異次元砲ぉおおおおおおおおお!」

 迎え撃つ。
 膨大なエネルギーのぶつかりあい。

「ぐぬううううう!」
「ぐっ……ぅう……ぁあぁ、大きいな、センエース。お前は本当に大きい……お前こそが、神の王だ」

「そうだ! 俺が! 俺こそが!」

「だが、勝つ! 俺は!! 神の王を超えた!!」

 ぶつけあった、意地と意地。
 極端なほど、膨れ上がっていく。
 光は、暴走の中で真理を得る。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー341225

    負けないでくれ

    0
コメントを書く