『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

140話 悪いな、センエース。


 140話 悪いな、センエース。

「タナカトウシからのメッセージだ。そのまま伝える……『やっぱり、お前、ワシが知っとるセンエースやろ』……とさ」
「なんで、そう思う?」
「……『なんとなく、そんな気がする』……だとよ」
「アホの答えだな」
「自分でもそう思っているようだ」
「はっ……」

 言葉を交わし合っている間も、
 空間は歪んでいた。
 次元がズタズタになっていく。

 世界そのものがボロボロになっても、
 二人の闘いは、情け容赦なく激化していく。

 互いが、互いの空気を掴み始める。
 となれば、今度は、呼吸の崩し合い。
 届いたと思ったが、すぐにオーラの冷遇を受ける。
 清涼な状態に戻って、だからこそ、より強く熱くたぎって、
 夢中を、断層にしていく。
 情動の飢餓と飽食。

 烈風(れっぷう)の深慮(しんりょ)が、
 風雅な幽玄に熔かされて萌(も)ゆる。


 高揚が連鎖して、
 加速していく。
 容赦なく、
 無様に、
 美しく、

「センエース……俺は、死ぬ気で積んできた。お前を超えるために」

「ああ、わかるさ、ソンキー。その強さに辿り着いた理由は、決して、トウシと合体したってだけじゃない。お前の根っこにある器……驚くほど強靭になっている。お前も、積み重ねてきたんだろう。俺を超えるために、俺に負けないほど。……誇らしいよ、偉大なる修羅よ」

 そのセリフに滲むのは、様々な覚悟。
 この上なく尊き神の王センエースの言葉を受けて、
 かつて最強だった偉大なる闘神ソンキー・ウルギ・アースは言う。

「俺は、自分が積んできた全てを誇りに思っている。だが、センエース……お前は、俺以上に積んだんだろう……わかる。お前が積み重ねてきたものが、俺には、デジタルに理解できる。ほかの誰でもなく、この俺だからこそ、十全に認識できる」

 ぶつけあった拳が、互いに『互い』を叩きこんだ。

 暗澹(あんたん)が心地いい。
 辿り着いた者同士の対話。
 鬱積(うっせき)が死んでいく。

 ――この瞬間のために、自分は存在していた――

 きっと、勘違い。
 だけれど、別にいい。

 互いに、互いを推服(すいふく)して、
 幽寂(ゆうじゃく)な手探りを積み重ねていく。

 ノイズなんてなかった。
 それは、
 どこまでも、いつまでも、美しい時間だった。

 すべての奇禍(きか)が祝福されていく。
 惨禍が艶やかに昇華されていく。

 カラめ手は、事前に封殺される。
 飛び道具では、もはや、互いを削り切れないと、同時に理解。

 結果、超近距離での、原始的な殴り合いに発展。
 異常に重たい粒子を放ちながら打たれた右ストレートは、
 コスモゾーンの法則によるコンパクト化を受けていなければ、
 宇宙を軽く崩壊させていたであろう狂気の一撃。

 出力はほぼ同等。
 頂点に達した神々の演舞。

 時には、古拙(こせつ)に、
 基本は、新手で、

 『なんだそれ、陳腐だな』と、ノスタルジックに笑ったり、
 『その逆新手は犀利(さいり)が過ぎる』なんて、瑞々しいモダンを気取ってみたり、

 ロマンスグレーみたいな、堅忍(けんにん)の精神を見せながら、
 たまに、端麗(たんれい)で絢爛(けんらん)なカラフルで攻めてみたり。

 灼熱が舞って、
 力は分解されて、
 抵抗と回転が揺らぐ。

 重心のズレだけが、世界の中心になって、
 物理が摂理を見失って、
 概念だけが満たされて、
 しかして、だから、神々は――



「悪いな、センエース」



 ふいに、ソンキーは、そうつぶやいた。
 声が拡散する。
 形なき音が、しっかりとした質量を持って、センエースの意識に届く。

「なぜ、あやまる?」

 センエースの問いに、ソンキーは答える。

「お前よりも『積み重ねた絶望』は少ないのに……俺はお前と同じ領域に辿り着いた。流石に申し訳なく思う」

「……そうだな。マジで謝ってほしい。……なんつーか、まるで、古い例えみたいだ。階段とエスカレーター。あるいは、休まないウサギ。……俺が、『真』に届くまでに、どれだけの絶望を積んできたと思っていやがる……」



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く