『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

131話 からっぽ。


 131話 からっぽ。

「しっかりしろ。おいおい、マジかよ。絶望を糧に、華麗にキレて覚醒するだろうと思ったんだが、まさか、普通に壊れるとは……まいったな……うーん……この展開は予想外だな。……起きろー、おーい……」

 ぺしぺしと、軽く頬をたたかれるが、
 トウシはまるで反応しない。
 どうやら、ただの屍のようだ。

「あーあ、マジで壊れちゃった。そりゃねぇだろ。ここまで、どんだけ時間と資源を使ったと……はぁ……もうちょっと根性あるかなぁっと思っていたんだが……ま、しょせんは第一アルファの中学生。この辺が限界か」

「……」

 うなだれているトウシをその辺に投げ捨てると、
 モンジンは、

「お前も、もう用済みだ、消えろ」

 そう言って、椿の背後に瞬間移動すると、そのまま彼女を一口で捕食する。
 咀嚼もせず、一気にまるのみ。
 そのまま、神の養分となった。

「つまんない最後だったな。もう少し楽しめるかと思ったんだけど……見込み違いもはなはだしい……ん?」

 と、そこで、
 背後から、ピリピリと、
 増大するオーラの波動を感じて、
 モンジンは振り返った。

 そこでは、
 トウシが、


「……ジュリア……」


 『ジュリアが消滅した地点』に立っていた。
 力なく、天を仰いで、無表情のまま、赤い涙を流していた。

「守って……あげられなかった……ごめん……」

 血の涙を流しながら、うつろな表情で、意味なく、天に向かって謝罪の言葉を述べているトウシ。

 そんなトウシに、モンジンは、

「おっ、いいぞ……上がってる、上がってる」

 楽しそうに、

「お前の感情は臨界点に達した。『開いていく』のを感じるだろう? 感情の制御を失って、無自覚に抑え込んでいたお前の異常性が牙をむいている。やっと、想定通りの流れになってきた」

「……」

「さあ、爆発させろ。そして、かかってこい。限界を超えたお前なら、きっと、俺の遊び相手たりうる」

「……どうでもいい……」

「ん?」

「……からっぽや……ワシにはもう……なんもない……」

 質量のない言葉だけが、雲のように流れていく。
 留まり方を忘れた想い。
 震え方を忘れた量子。

 その、こだわりを失った無色の魂は、
 ただ死に場所だけを求める屍で、
 だから、

「仮に、あんたを殺せたとしても……なんの意味もない……ジュリアはもう死んだ……」

「そうだな。あの女は死んだ。その想いを乗せて、さあ、俺にぶつかってくるがいい。お前の怒りを爆発させて、俺に対して、あの女の死の責任を追及しろ」

「……意味がない」

「おいおい、いつまでお利口さんでいるつもりだ。もう、その時期は終わった。いいかげん、むき出しでこいよ」

「あんたの望みどおりに苦しんで、あんたの望み通りにジュリアが死んで、あんたの望みどおりにワシがキレて……で、ここから、あんたの望みどおりにボコボコにされろって? もうええわ……アホか……」

 ポツポツと、
 弱い音だけが、どこかへ落ちていく。

「恋とか愛とか、実際のところ、よぉわからんけど……あいつと一緒におる時間が好きやった……あいつを守ることが出来たって事実だけが、ワシの誇りやった……けど、もう、あいつはおらん……終わった……なにもかも……ははは……自分でも、ちょっと驚いとるよ……惚れとる自覚はあったんやけど……ここまでとは思ってなかった……」

 かすれた声に、傷あとが残って、

「……痛いよ、神様……色々なところが痛い……」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • キャベツ太郎

    このままセンエースだと気づかずに行ってしまうのか?!

    3
コメントを書く