『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

125話 トウシ×ソンキー。


 125話 トウシ×ソンキー。

「一度だけ、お前の強化パーツになってやる。誇るがいい。お前は、この俺に、その『ありえない決断』をさせるほどの可能性を示した。それは、他の誰にも成しえないこと。お前は不可能を可能にしてみせた」



「……」



「お前の最果てを魅せてみろ、タナカトウシ」

 言い終えたと同時、
 ソンキーの体が粒子になって、トウシの中へと浸透していった。

「……ぁっ」

 ソンキーと一つになって、神々しい輝きに包まれるトウシ。




「……ぁあ……あっ……溢れる……こぼれおちる……なんという質量……なんという膨大な……」





 ソンキーエンジンの馬力はエゲつなかった。
 全身の奥から湧き上がってくる力。
 細胞が加速しているよう。


「とめどない……とどめきれな……ぃ、いや、逃がさない……一つもこぼしてやらん……この全部を……ワシのものに……」


 その全てを抱え込んで、
 トウシは叫ぶ。





「究極超神化5!!」





 あまたの段階をすっ飛ばして、
 トウシは、最大級の出力に身を投じる。
 超神を超えた先、
 神の終着点、究極超神。
 そんな究極超神を、
 超えて、
 超えて、
 超えて、
 超えた姿!!


「探り合いはしない! 今のワシに可能な最強の力で、あんたをねじ伏せる!! いくぞ、アダム!! 殺してやる!!!」


「ソンキーと融合し、究極超神級の出力が可能になった――ただそれだけで超えられるほど、私は浅くない! 現実をナメるのもいい加減にしろ、クソガキィイ!!」


 トウシとアダムの闘いは、激化した。
 互いが、互いに、空間ごとねじ伏せようと、次元多断層の制圧を求める。

 トウシは、凶悪なオーラによってコーティングされた刃の流星群を降らせた。
 無限を想わせるオーラソードの嵐。

 バ火力と自律円舞力に特化したソードスコール・ノヴァ。

 アダムは、剣雨の隙間をくぐり抜けて、トウシとの距離をつめる。
 全てが一瞬の中で消費されていった。
 空間に魔法陣が描かれては熔けて、
 時空に塗られた色彩が、認知されるよりも速く、次々と移り変わっていく。

 最初は、アダムが有利を取っていた。

 当然。
 魂魄の融合など、力が拮抗している者同士で行っても、基本的には『総合力が弱体化』してしまう禁忌技。
 出力は多少上がるが、大抵の場合、戦闘技術のピントがズレて、融合前よりも弱くなってしまう。

 ソンキー単体なら、アダムと悪くない勝負が出来ただろうが、
 トウシと混ざったことで、ソンキーは濁ってしまった。

 偉大なる純神の一等星――その輝きを、ソンキーは失ってしまった。

 ゆえに、アダムの勝利は揺るがない。
 圧倒的強者として、的確にトウシのリソースを削いでいった。

 ――しかし、次第に、

(バカなっ……縮んでいる……圧倒的だった彼我の差が……異常な速度で詰め寄られている……こんなイカれた話が……)

 時間が、アダムの敵になった。
 トウシは、凶悪な速度でソンキーを学習していく。
 融合によって生じた歪みが修正されていく。

(あるのか……こんなことが……否、あっていいはずがない……っ)

 焦りから、ミスも生じるようになった。
 ミスといっても、悪手というほどではなく、
 最善手ではなくなったという程度。
 とがめを受けるほどではない――はずだった。
 しかし、その拙いミスが、呼吸のズレを産んだ。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • キャベツ太郎

    あれ?アダム氏?

    1
コメントを書く