『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

123話 慟哭。


 123話 慟哭。

「主上様の強さを前にすれば、私などゴミ以下。何をしようと、どうしようと、かすりキズ一つつけるコトすら出来ない。それが私の神だ。全てを超越した神の王。ありとあらゆる全ての頂点に立つ、この上なく尊い命の王」

「……」

「その事実と、身に起こっている現実を踏まえた上で……さあ、もう一度、ほざけるものなら、ほざいてみせろ。貴様は、誰を討つつもりなんだ?」

「……」

「ちなみに言っておこうか。私と貴様の闘いが始まる前に、主上様は私にこう仰った。タナカトウシ以外、全員、殺していいと」

「……」

「私は、主の命に従い、貴様以外の全てを殺す。正確に言おう。今から十秒後に、あの女を殺す。アカツキジュリア。貴様とただならぬ関係にあるあの女を殺す。貴様の目の前で、頭蓋骨と脳味噌を砕いて殺す」


「ジュリアには……触るな……殺すぞぉ……」


「まだ吠える事はできるようだな。しかし、それだけか? 私を倒さなければ、あの女は死ぬぞ? 残りは5秒。もし、立ち上がって、まだ私に挑むという意志を示すのであれば、残り時間は延長してやる」

 その言葉を受けて、トウシは、

「……ぐぅ……うぅ……」

 フラつきながら、
 よろけながら、
 どうにかその場で立ち上がった。

 拳を握り、
 かすむ目を見開いて、

「延長時間は……どのくらい……?」

 かすれた声で尋ねる。
 アダムの言葉が嘘かどうかと考える余裕すらない。
 ただ必死に立っているだけ。

 涙にぬれた声。
 痛々しい、弱者の悲鳴。

 その姿を見たアダムは、

「……強いな……」

 ボソっと、そう言ってから、

「貴様は強い。ヒーロー足りうる器。……しかし、何も守れない。力を持たないから。心がいくら強かろうと、実力がなければ、何も守れない。それがこの世界の真理だ」

「……」

「延長時間は倍の10秒。すでに経過した。というわけで、今からあの女を殺す」

「っ……やめ――」

「貴様の言葉は、もう、私には届かない。己の弱さを恨め」

 そう言って、アダムは、トウシに背を向けて、ジュリアの方へと歩いていく。

 その背中を見つめているトウシ。
 『アダムが、ジュリアを殺そうとしている』という事実を再認識すると、
 トウシの足に力がこもった。

 本当なら、もうとっくの昔に動けなくなっているはずなのに、
 足が重たくて、視界が歪んでいて、
 全身に激痛が走っていて、
 立っているのもやっとの状態なのに、

 ――それでも、

「お前の! 相手は! ワシやああああああ!!」

 飛びだした。
 オーラを爆発させて、それを推進力にして、
 何の計算もない突撃!

 全てを賭した一撃も、

「ただ喚(わめ)いて暴れるだけでは何も成せない」

 優雅に流されるだけで終わった。
 フワリと、緩やかに、
 ダメージすら負わせてもらえずに、
 ただ、流された。

 つまりは、結局のところ、傷一つつけられなかったというお話。

 ――アダムは強すぎる。

「こ、こんなの……」

 ついに、我慢できなくなったようで、
 トウシが、

「こんなのおかしいだろぉおおおお!」

 天を仰いで叫ぶ。

「俺は間違いなく天才だ! ガチャは裏技で鬼引きしまくった! なにより、俺は、究極超神ソンキーの手ほどきをうけたんだぞ! あれだけ強い神様から武を学んだんだ! 才能があって、裏技も使って、神の贔屓も受けたのに!! なのに、なんで! なんで、こんな! こんなのゲームとして成立してねぇ! 不条理なんてもんじゃねぇ!」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く