『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

122話 天才なのは、貴様だけじゃない。


 122話 天才なのは、貴様だけじゃない。

「また休憩か? では、先の発言を実行するとしよう。貴様の目の前で、あのキ○ガイ女を圧殺する」


「!!」

 トウシは、目を見開いて、

「やめてくれ!! たのむ!!!」

「なぜ、私が、貴様の頼みを聞かなければいけない?」

 トウシは、残っている力を喉に集めた。
 もはや、腕も足も動かない。
 だが、それでも、
 ここで黙っている訳にはいかない。
 だから、

「なんでもする! 神様の道具になる! ワシが使える道具やってことは充分に伝わったはず! ワシは、神様の配下の一人になる! ワシにしか出来ん全部を任せてくれ! 他の誰にも出来ん仕事を、ワシがすべて、命がけで完璧にこなしてみせるから! だから!」

「別に、貴様の手などなくとも、現状、主上様は、何も困っていない。主上様は、完全にして完璧な神の王。ヘタレ中学生の手を借りなければいけない案件など皆無」

 そう言って、瞬間移動をするアダム。
 そして、ジュリアの頭を掴もうとする――が、
 そこで、

「っ――じゅ、ジュリアに触んなぁああああああ!!」

 指一つ動かせなかったはずなのに、
 トウシは飛んだ。

 心の暴走。
 憤怒という、最強クラスの原動力。

 一気に距離を詰めたトウシが、アダムの後頭部に蹴りをブチ込む。

 今のトウシに出来る最大以上の力。
 情動によってブーストされた『限界突破の一撃』をブチ込んだが、
 当然、

「今のが全力か……しょうもな……」

 やれやれと溜息をつきながら、アダムは、トウシと向き合い、

「今の貴様の攻撃……再現すると、この程度のモノだぞ」

 そう言いながら、親指で人差指をパチンと弾く。
 簡易なデコピンを受けて、トウシの体は、最高加速中の新幹線にはねられたかのように豪快に吹っ飛んだ。

 地面に何度かバウンドして、

「うぼっ――ごほっ!!」

 大量に吐血する。
 見るも無残な姿。
 当然のようにボロボロで息も絶え絶え。

「どうだ、しょうもないだろう……と言いたかったのだが、随分と大げさなダメージを受けているな……まったく、弱過ぎる。防御力が低すぎるというより、受け流しの質が低すぎる。ありていに言えば、貴様は戦闘力は低すぎる。それで、よくもまあ、神を討つなどと、ふざけた事をほざけたものだ。不可能に決まっているだろう。貴様のような虫ケラ風情が、神に勝てる訳がない。神は、この私ですら、触れる事もできない最果ての領域におわす御方だぞ」

「……うぷっ……おぇ……」

 吐血に溺れているトウシの元に、アダムはゆっくりと近づき、

「私は強いだろう?」

 その問いに、トウシが答える前に、アダムは、

「当然だ。天才なのは貴様だけではない。私もそうだ。長き時間も重ねた。何度も地獄を見た。何度も絶望を乗り越えた。そして何より、私は、『この上なく尊き神の輝きに照らされた』という、身に余る幸運を得ている。貴様ごときが私に勝てる道理などない。あってはいけない」

「……」

「改めて言っておこう。私は間違いなく強いが……しかし、主上様の足下にも及ばない。これは事実だ。虚飾はない。わずかも大げさには言っていない。ただのまっすぐな事実」

「……」

「主上様の強さを前にすれば、私などゴミ以下。何をしようと、どうしようと、かすりキズ一つつけるコトすら出来ない」




「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • キャベツ太郎

    しっかりとトウシくんのヤル気を削ぐアダムさん流石っす

    2
コメントを書く