『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

121話 どうせぇ言うんや……


 121話 どうせぇ言うんや……

「うーむ、貴様にとって価値の低いカスを殺しただけでは、やはりダメか……となると、やはり、あの女を潰すしかないか。あのキ○ガイ女は、貴様を動かすのに有益だから、出来ればとっておきたいところなのだが……まあ、しかたないか」

 そう言って、また瞬間移動しようとするアダム。
 そんなアダムに、トウシは、

「うあああああああ!!」

 拳に大量のオーラをぶちこんで、アダムの顔面めがけて殴りかかった。
 ただのやぶれかぶれではなく、
 きちんと加速の魔法陣を展開して、ブーストをかけた上での的確な特攻。

 そんな一撃を、
 しかし、アダムは避けなかった。

 ピクリとも動かず、トウシの拳を、顔面で受け止める。
 結果は、凄惨。

「……う、うそやろ……」

 トウシの渾身をモロに受け止めていながら、
 アダムの顔には傷の一つもできなかった。

 先ほどの闘いでは一発も当たらなかったため、彼女の防御力に関しては未知数だった。
 回避力が高いだけで紙耐久――確率は低いが当たればどうにかなる……というのなら、まだ対処のしようもあった。

 前提に可能性があれば、まだ未来を演算していられた。

 しかし、彼女に、対処可能な前提など存在しなかった。
 アダムは純粋に強い。
 全てのスペックが、冗談みたいな超水準。
 攻撃力も、防御力も、回避力も、魔力も、オーラの総量も、全てが、最高位。

 アダムは強すぎる。

「どうした、ほら、次だ。特別サービスで避けないでいてやるから、さあ、ドンドンこい」

「……う……うぅう……あぁあああ!!」

 トウシは考えるのをやめた。
 壊れてしまったから。
 ガムシャラに、思考を放棄した拳を叩きこみ続ける。
 アダムを相手にした場合、いくら考えても無駄で、
 なにをしようと、どうしようと、こんな存在には勝てるはずがなくて、
 だから、どうしても――

「くそ、くそ、くそ、くそ、くそ、くそぉおおおお!」

 叫び、もがき、必死になって拳を振り回すが、
 当然、意味はまったくない。

 当たっているんだが、当たっていないんだか分からなかった。
 殴られているアダムもそうだが、殴っているトウシの拳も痛くもかゆくもなかった。
 おそらく、アダムは、周波数を調節して、トウシのオーラや魔力を完全に無効化しているのだろう。
 おそろしく精密かつ複雑で難易度が高い魅せ技。
 この魅せ技は、ハッキリいって、通常の戦闘では使えない。
 同格が相手だと、そんな精緻な作業をやっている余裕などない。

 つまり、アダムは言外に、こう言っている。
 ――お前は弱過ぎる。相手にならない。

「ど……」

 トウシは、ついに涙を流しながら、

「どうせぇ言うんや……こんなもん……」

「この世の誰よりも高速で頭を回転させられるというのが、貴様の売りなんだろう? なら、ちゃんと考えて攻撃してこい」

 トウシの全身から力が抜ける。
 必死に支えようとしても、心が、『元気を閉じるフタ』になったみたいで、
 腕にも足にも、まったく力が入らない。 

「また休憩か? では、先の発言を実行するとしよう。貴様の目の前で、あのキ○ガイ女を圧殺する」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • キャベツ太郎

    何度もキチ◯イ扱いされてるジュリアカワイソス

    2
コメントを書く