『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

120話 アダムは強すぎる。


 120話 アダムは強すぎる。

(い、一個もあたらへん……何しても、全部、避けられる……全部の呼吸がズレる……まったく勝機が見えん……この女、ヤバすぎる……)

 もちろん、完全理解は出来なかった。
 しかし、ダイレクトに認識する。
 心が受け止めたんだ。

 アダムという女の強さは異常。
 今のトウシでは理解できない次元。

 正しきルートを経て至った、神代の領域。

 ミシャンド/ラを超えているか否か……
 そんな小さな次元じゃなかった。


 ――アダムは強すぎる。


(あかん……このクソ女の言葉に嘘は一個もなかった……エゲつない強さ……ミシャンド/ラがかすむ、狂気の最果て……こ、こんなもん……たとえ、体力MAX状態でも……何したって……勝てるわけ……)

 折れるとか、折れないとか、そんな話ではなかった。

 『アダムを倒せるか?』という問いは、
 『海水を飲み干せるか?』という問いと性質は同じだった。

 『100%不可能』
 『絶対にありえない』

 答えを求める必要がない問い。
 誰にとっても即答がデフォルト。
 そんな不定形の難題。

 いつだって、そう。
 ――アダムは強すぎる。


「貴様、やる気をなくしているな」

 ふいに、アダムが、平坦な声で、

「不愉快だな。私と闘うのはそんなにつまらないか?」

「ど、どうか、慈悲を……今のワシでは……あなたには勝てません……時間をください……あなたを目指して、命を磨く時間を……どうかお願いします……今のワシでは、抗うことすらできません……御時間をいただければ、必ず、最低限の対峙が出来るまでは自分を引き上げると誓いますので……どうか……」

 絶対的な不可能をつきつけられて、
 トウシは、それでも、本気で『頑張る』と宣言した。
 これは、相当な狂気。

 『海を飲み干せ』と言われて『時間をいただければ、どうにかします』と本気で返答できる者がこの世に何人いるだろうか。

 人の限界値を超えた覚悟を見せたトウシ。

 プライドなどその辺に放り投げ、
 恥も外聞もなく、
 トウシは、両手を地面につけて、
 体を小刻みに震わせながら、

「どうか……どうか……」

 必死に懇願する。
 それしか出来ない。

 そんな、土下座しているトウシを、
 しかし、アダムは、
 完全にスルーして、


「そんなにやる気を出させて欲しいのか……まったく、ワガママな……はぁ……クソかったるいが仕方ない……これから、貴様の目の前で、あの連中をなぶり殺していくとする」


「っっ!!」


 アダムは、瞬間移動をして、テキトーに選んだ女子生徒の頭を掴むと、また瞬間移動で、トウシの目の前まで移動し、

「3……2……」

 と、カウントダウンを始めた。
 なんの秒読みか、状況を見れば、推測するまでもなかった。

 秒数が減るにつれて、アダムに掴まれている女子生徒の頭がメキメキと、音をたてて、

「い、いやぁあああ! と、トウシくん――助け――」

「……0」

 バギィイッッ!!
 グチャァア!!
 と、音をたてて、女子生徒の頭部が砕けちった。


「……っっ!!」


 あまりにも生々しくショッキングな光景に、トウシの頭が真っ白になる。

「ぁ……ぁ……」

 茫然としているトウシを見下ろして、
 アダムは言う。

「うーむ、貴様にとって価値の低いカスを殺しただけでは、やはりダメか……となると、やはり、あの女を潰すしかないか。あのキ○ガイ女は、貴様を動かすのに有益だから、出来ればとっておきたいところなのだが……まあ、しかたないか」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く