『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

119話 黒い感情。


 119話 黒い感情。

「ぐはぁああ!」

 背中に直撃。
 アダムからすれば蚊を潰す程度の照射だったが、
 トウシの肉体には後遺症ものの大ダメージが入った。

 肉が腐って、内臓が部分的に潰された。
 携帯ドラゴンの自己修復機能が、今ほど高性能でなければ、このまま死んでいただろう。

「ぐぬぅ……がはっ……」

 倒れそうになったが、
 どうにか、踏ん張って、
 振り返り、アダムを睨みつける。
 そして、言う。

「頼む……頼みます……回復する時間をください……あなたの攻撃で更にダメージを受けてしまった今の最悪なコンディションでは、あなたとまともに闘う事はできません……お願いします……どうか……」

 全力の低姿勢。
 強者に対する弱者の態度。

 その姿を受けて、アダムは、

「主上様は、貴様の事を、大変、高く買っておられる」

 とうとうと語りだす。

「まあ、実際のところ、貴様には優れた才能がある。それは私も認めるところ。実に見事なものだ。狂気的と言ってもいい……それは事実……だが……」

 そこで、アダムの顔がグっと鬼になり、

「だからといって、不愉快であるという事実に変わりはない。憎いとか、羨ましいとか、そんなものではない。言葉に還元しきれない、この黒い感情。嫉妬などという俗な言葉に収めたくはないと強く思う、この重々しい情動を、貴様にぶつけたいと、私は、最初からずっと思っていた」

 否定の言葉を使っているが、
 結局のところは、人間臭い嫉妬でしかない。

 アダムは神を崇拝している。
 彼女にとって、神は全て。
 彼女の空であり、海であり、太陽。

 ゆえに、
 絶対的狂信者であるアダムは、
 神に認められているトウシの事が憎くて仕方がない。

「ここまでは禁じられていたため、手が出せなかった……が、しかし、つい今しがた、私は主上様から、『ミシャンド/ラを倒した今のタナカトウシになら、何をしてもよい』という許しを得た」

 ギラギラした獰猛な目でトウシを見るアダム。
 それは、まるで、獲物に食らいつく直前の、飢えた猛獣。
 飢餓で精神が錯乱している血気盛んな龍。

 彼女の想いを受け止めたことで、
 ようやく、トウシは理解した。
 ――アダムは止まらない。

「さあ、タナカトウシ。狂気的な頭脳を持つ者よ。貴様が、『主のヒイキ』を受けるに値する器かどうか、私がこの目で確かめてやるから……とっとと、かかってこい」

「くっ」

 聞く耳を持たないアダム。
 トウシは仕方なく、気力を絞って立ち上がる。
 握り締める拳。
 力が入らなくて、強くは握れない。

(こ、こんな状態で……っ)

 トウシは、なんとか、ボロボロの体を引きずって、アダムと対峙する。
 無数のジオメトリを背負い、
 魔力とオーラを総動員させた上で、
 高まった拳を交わし合い、
 武という言語で語り合う。

 ソンキーの修行と、ミシャンド/ラとの闘いを経たトウシは、
 『強さ』に対する理解を、かなりの密度で深めていた。

 ゆえに、ほんの数秒で分かった。
 アダムという狂信者の強さ。

(い、一個もあたらへん……何しても、全部、避けられる……全部の呼吸がズレる……まったく勝機が見えん……この女、ヤバすぎる……)


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く