『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

112話 超神化。


 112話 超神化。

「ありうるとは思っていたけれど……まさか、本当に、神に成っていたとは……タナカトウシ。貴様には心底から驚かされる」

 拳や剣や魔法を交わしあいながらの対話。
 それは、まるで、ミュージカルのようで、

「ミシャンド/ラ……やっぱり、あんたも、この変身技が使えたか……スーパーサ○ヤ人が、サ○ヤ人限定の変身技みたいな感じで、この神化って技が、『地球人限定の技やったらええのになぁ』とか、ちょっとだけ思っとったけど……まあ、そんなワシにだけ都合よく世界はまわらんよな」

 神化によって激化する闘い。
 波動が渋滞を起こす。

「この世界は、もう充分過ぎるほど、貴様にとって都合よく回っているだろう……貴様は才能という点であまりにも優遇されすぎている」

 幾何の百花繚乱。
 命の花が萌ゆる。

「才能という点に関しては、ワシも自分に驚いとる。前々から、ワシは、そこそこハンパない資質を持っとるなぁと思っとったけど、ここまで自分の才能がケタ違いとは思ってなかった」

 言葉を交わしながらも、さらに芸術性を増した闘いを続ける両者。
 終わらない。
 止まらない。
 人間では理解できない舞台で踊る二人。

「タナカトウシ、貴様は素晴らしい! そのとびぬけた才能に敬意を表し、私の全てを見せよう! 私の全力!! 神を超えた姿!!」

 そう叫び、ミシャは、全身に力を込めた。
 また輝きが増していく。
 エネルギーの破片が電流になって、バチバチと音をたてる。


「――超神化――」


 嵐のようなエネルギーの奔流。
 渦巻いて、円になって、輪になっていく。

 神を超えた姿になるミシャンド/ラ。
 その凶悪な魂魄に、世界が平伏する。

「タナカトウシ……貴様は天才だ。その若さで『高み』にたどり着いた者は他にいないだろう。心底から感嘆する……だが、私は超えられない。上には上がいるという、当たり前の現実を教えてやる」

 その言葉を受けて、トウシは、
 ゆっくりと、両手をあわせる。



「――超神化――」



 トウシもまた、ミシャと同じように、神を超えた耀きをその身にまとう。
 世界を平伏させる、超常を超越した姿。

 ミシャも、流石に、ここまでは予測できていなかったようで、
 目を丸くして、ポカンと口をあけて、

「な……ぁ……」

 パクパクと口を動かすが、言葉にはなっていない。
 回復まで数秒を必要とした困惑。

 どうにか自分を取り戻すと、
 ミシャは、

「……こ、こんなこと……ありえない……神に成るだけでも異常なのに……その先まで……そんなイカれた才能……あっていいわけ……」


 かすれた声が霧散する。
 意味のない疑念を、
 しかし、すぐに、

「ちっ」

 嫉妬の混じった舌打ちとともに消し去って

「信じられないが……数値だけなら、私の領域に届いている……尋常ではない……」

 目を丸くしているミシャに、トウシは言う。

「信じられんってのはこっちのセリフや……あんた、超神化も使えんのかい……ま、まいったな……」

 心底からダルそうな声で、

「正直、あんたが『神化』を使ってくる可能性は考慮しとったんやけど……超神化は使えんやろうとタカをくくっとった……」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く