『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

111話 トウシVSミシャンド/ラ


 111話 トウシVSミシャンド/ラ

「なんというか……まるでヒーローみたいなタイミングで登場してもうたけど……最初に、ちゃんと言うとくで。見はからってた訳やないからな。ただ、ソンキーとのダイブに没頭しすぎただけ。つまりは、完全な遅刻やな。陳謝する」

 トウシの謝罪を受けた面々は、
 言葉にならない想いをかみしめていた。
 大粒の涙をぼろぼろとこぼし、安堵から足元が崩れる。
 
 そして、一拍を置いてから、

「おそいぃいい!!」
「主役だからって、遅れて登場していいと思うなよ!」
「二度と遅刻しないでください!!」
「自分の立ち位置を、ちゃんと理解しろぉお!」
「あんたがいてナンボなんだよ、このゲームはぁ!」

 不満と文句の声が止まらない。
 そんな罵詈雑言の中、
 トウシは、悠々と、前に出る。

 あらためて、ミシャと対峙するトウシ。

「ウチの連中、なんか、めちゃくちゃ強くなっとるけど……流石に、あんたには歯がたたんかったみたいやな」

「……『めちゃくちゃ強くなった』という程度で超えられるほど、私は薄っぺらくない」

「みたいやな。人間の限界を遥かに超越して、地獄を乗り越えて、全てを賭して……それでも超えられん壁……あんたからは、そんな高みを感じる」

「主は……そんな私の遥か先におられる」

「遠いな……けど、ワシは、その最果てを求める。そうやないと、何も守れんから」

 言ってから、トウシは、スッと腰を落として、戦闘態勢を取る。

「あんたを超える。そして……神を狩る」

「不可能。無謀の程度を教えてあげる」


 ビリっと、何か、電気が走ったような気がした。
 頑なな磁気に犯されたみたいに、視覚画像が乱れてズレる。

 幾何学が躍る。
 真空が過敏になって、暴力に依存する。
 活性化する彗星。
 小さな宇宙が、そこにあった。

 神話狩りの面々の視界に映る『ミシャとトウシの闘い』は、殴り合いではなかった。
 そんな俗なものではなく、もっと、なにか、こう……
 表現しようのない、芸術的な何かだったんだ。

 拳が流星になって、爆発の渦(うず)を巻き起こし、
 その収束が、光の棺桶になって、跳ねたり踊ったり。

 戦闘という概念が変わっていく。
 万華鏡のパズル。
 鳴動のミルフィーユ。
 そんな、異次元の『ぶつかりあい』が、しびれを切らしたところで、
 ミシャが、ふいに、

「――神化――」

 両手を合わせて、そうつぶやいた。
 すると、ミシャの全身が神々しい輝きに包まれる。

 平伏したくなるその輝きに、思わず、その場の誰もが息をのんだ。
 呼吸の先に届いた者は、一人だけ。

「――神化――」

 トウシもまた、同じように、両手を合わせて宣言する。
 ミシャにも負けない神々しさに包まれるトウシ。

 未知の光がぶつかりあって、
 また新しい芸術になった。

 ――神話狩りの面々は、現状に対する理解を何一つ得ていない。
 しかし、把握できた。
 断言できる模範解答をえた。

 これは、神々の闘い。
 凡夫では永遠に到達できない『果ての果て』におわす超次生命たちの宴。

 ――神化したトウシを目のあたりにしたミシャが言う。

「ありうるとは思っていたけれど……まさか、本当に、神に成っていたとは……タナカトウシ。貴様には心底から驚かされる」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く