『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

107話 本物の絶望。


 107話 本物の絶望。

「それだけ強化されておきながら、多少の抵抗すら出来ないとは……本当に使えないクズどもだ」

 ミシャンド/ラは、ため息まじりにそう言ってから、

「もういい」

 冷徹な無表情。
 美少女のかわいらしさなど皆無。
 徹底した冷酷をにじませる。

 邪悪さに染まった声が世界に拡散したと同時、
 ミシャは自身の両手を、まだ二万人ほど残っている彼・彼女たちにむけて、

「せめて、私の養分になって消えろ」

 一瞬、ミシャのオーラがグワっと膨れ上がった。

 漆黒よりもドス黒い、心かきむしられる、貪食の色。

 膨れ上がった黒が、重たい粒となってはじける。
 すると、
  ジュワっと、
   彼・彼女達の肉体が蒸発した。

 そのあまりにも残虐なシーンを目の当たりにした岡葉たちは、真っ青になって嗚咽した。
 中には、オロロと吐いている者もいた。

 無慈悲に熔かされた三万の中学生。
 あとに残ったMD粒子だけが、チリチリと揺らめいて、
 まるで、居場所を求めるように、ミシャの『中』へとおさまっていった。

 数万という途方もない数の命を容赦なく奪い尽したミシャは、
 その事実という感慨にふけることすらなく、
 虹宮たちに、平坦な視線を向けて、

「最後の一人を残しての時間稼ぎ……当然だが、そんな甘えは許さない。このデスゲームに抜け道などない」

 ミシャの言葉が、神話狩りのメンバーの心に浸透していく。
 重たい黒で染まっていく、みなの心。
 まるで頸動脈でも裂いたみたいに、『絶望』がドクドクとあふれて、彼らの全身を包み、おぼれさせようとする。

 ミシャンド/ラが、

「――くだらない遊びはここまで」

 フラットに、そう言った直後、重力が、己の仕事を半分だけ思い出す。
 ミシャの体が、フワリと、神様の風に支えられているかのように、
 ゆったりとしたペースで地面まで降りてくる。

「それでは、これより、本物の絶望を執行する」

 宣言した直後、ミシャは、音もなく消えた。
 影も残像も残らない、静かな消失。

 ミシャンド/ラが消えた――と、神話狩りのメンバーが認識した直後のこと、
 彼・彼女たちの後方で、鋭い爆音が響いた。
 まるで剣の嵐。
 鋼鉄が乱れ暴れるような冷たい無常な音がした。

 反射的に振り替えると、粉塵が舞っていて、
 十人ほどが光の粒になって消えた。
 魂の輝きと、キラキラしたオーラの剣が複雑にからみあって、
 幻想的な空間が出来上がっていた。

 オーケストラになった淡い輝きに、
 ミシャは号令をかけて、己の右手に集結させる。
 小さな球になった輝きを、ミシャは、スっと柔らかく握りしめた。

 すると、輝きは、ミシャの腕をつたって、
 ミシャの奥へと注ぎ込まれた。


「ぁっ――」
「そんな……」


 隊長クラスの面々は、声にならない声を漏らす事しか出来なかった。
 あまりに突然の陣形崩壊。
 食い込まれ、なぎはらわれる。

 痛みを感じるヒマもない、光速の暴力。
 嵐は嵐を呼んで、より凄惨な暴風となる。

 ――ミシャは、止まらない。
 優雅に、邪悪に、
 ただ、ただ、少年・少女たちを蹴散らしていく。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く