『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

106話 心の折れる音。


 106話 心の折れる音。

「帰るんだよぉおお! 俺は絶対に、家に帰る!! こんなところで死んでたまるかあああああ!」

 血走った目で叫ぶ伊達。
 そんな伊達の目をジっと見つめながら、岡葉が、ボソっと、

「同感だ。痛いほど、君の気持がわかる。俺もまったく同じことを思っている。絶対に生きてここから帰る。こんなところで死んでたまるかって」

「俺は絶対に、日本に帰って、政治家になるんだ!! そして、好き勝手やっている反日パヨク連中を一掃して、日本を守るんだ! こんな、ワケわかんないところで死んでるほど、俺はヒマじゃねぇんだぁあ!!」

 極右な伊達の言葉を受けて、
 決して左寄りではない岡葉は、

「ご立派な夢だ。ぜひ応援したいところ……」

 そうつぶやいてから、

「だが、君の願いはかなわない……君はもう死んでいるから」

「ふざけた事言ってんじゃねぇ! ケンシロウ気取りかぁあ!」

「いや、そういう意味じゃ――おっと」

「避けんじゃねぇええ! 死ねよぉお! 頼むからぁあああ!」

 その言葉を聞いた虹宮が、

「頼むから……か」

 ボソっとそう言ってから、

「なら、おれも頼もうか。――頼むから、終わってくれ」

 モード・アルクスをつかい、機動力を底上げする。

 宣言によって変形していくドラゴンスーツ。
 よりシャープでエッジのきいたフォルムとなり、
 極彩色に発光している後輪を背負う。

「身勝手に、ワガママに、おれは、君を終わらせる……悪いな」

 ギュンと加速して、虹宮は、伊達の顔面に拳を叩きつけた。

「ぐがっ――」

 『よろけたスキ』を見逃す甘さなど持ち合わせていない。
 虹宮は、一切の情けを排除して、最短・最善の一手のみを放ち続ける。

 伊達は間違いなく武の天才だが、
 対峙した相手が悪すぎた。

 伊達では虹宮にはかなわない。

「――っ……くそ……ちくしょぉ――」

 あっさりと、伊達は堕ちた。
 ボコボコにされて、最後は丸のみ。
 あっけない最後だった。

 そんな伊達の最後を目のあたりにして、
 三万の中学生たちの心が折れた。

 伊達という戦力が光だった。
 彼・彼女たちにとって、伊達は、まさに、虹宮たちにとってのタナカトウシ、ゼノリカにとってのセンエースのようなもの。
 もっとも優れていて、もっとも強かった者。
 土壇場における強さも、屈しない心も、
 すべてが、主軸であり希望だった。

 だから、折れた。
 伊達が死んだことで、
 ボキっとヘシ折れる音が世界に響きわたった。

 敵の戦線は完全に崩壊した。
 神話狩りの勢いは増すばかり。
 ――三万もいるので、当然、中には、多少の勇気を見せる者もいたが、



「……ダメだ……あいつら……強すぎる……」
「勝てるわけがない……」



 神話狩りの圧倒的なスペックを前にして、最後まで勇気を叫んでいられるヒーローなどいなかった。
 ただただ、無慈悲に飲み込まれていく三万の中学生達。

 ――と、その時、

「詰みだな。もはや意味はない」

 彼らの上空に、
 ミシャンド/ラが出現し、

「しかし、まったく……それだけ強化されておきながら、多少の抵抗すら出来ないとは……本当に使えないクズどもだ」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く