『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

105話 強い個体。


 105話 強い個体。

 ネオバグとの戦闘を経て携帯ドラゴンの強化値を底上げしている8人は、
 圧倒的な力でもって、前線を抑えこみ、時間と共に、メキメキと強化されていく。


 ――神話狩りのメンバーによって、数百近い龍が捕食されたところで、



「好き勝手しやがって! この、くそったれどもぉおおお!」



 三万の部隊、その最奥から飛び出してきた、ガタイのいい男子中学生――伊達が、
 岡葉の頬にガツンと拳を叩き込んだ。

「むっ……」

 伊達の火力が足りなかったため、大きなダメージにはならなかったが、
 それなりの衝撃ではあったため、岡葉は、少しだけ体勢を崩した。

 殴られた頬を軽くなでながら、岡葉は心の中でつぶやく。

(……こいつは、一撃で食えるザコじゃないな……)

 『体格がいい』というだけではなく、にじみ出ているオーラなどから、
 岡葉は、目の前にいる伊達が、それまでに捕食してきたザコとは一味違うと理解する。


 警戒心を引き上げて、
 適切な距離を選択しつつ、
 岡葉は、伊達の目をキっとにらみつけて、

「こっちにトウシくんがいるように、そっちにも切札がいるってことかな」

 そうつぶやいてから、視線は外さずに、

「……虹宮、手伝ってくれないか。彼は……少し強い」

 要請を受けると、虹宮は、軽く鼻で笑ってから言う。

「チュートリアルすら突破できなかった相手にてこずるなよ、岡葉」
「てこずっているわけじゃないよ。勝てないわけじゃないけど、枚数有利なら、損失ゼロかつ確実に倒せるから、効率を考えて、手を貸してくれと言っているだけだ」
「……ああ、そう」

 岡葉のプライドの高さに軽く呆れながら、
 虹宮は、伊達の背後に回り、捕食しようと飛びかかった。

 『岡葉に集中している相手』の背後をつくだけ。
 簡単なお仕事だと思った。

 けれど、そんな虹宮の一撃を、
 伊達は、寸での所で回避して、逆に、

「ぅぐ!」

 虹宮の腹部へカウンターをぶちこんだ。

「この俺だけは、簡単に殺せると思うなよ! クソ野郎ども!」

 ビンビンに高まった集中力は見事の一言に尽きた。
 伊達は、戦闘に関するセンスがズバ抜けていた。
 『戦闘能力』など、2000年代の日本では、何の意味もない能力で、
 だから、本人も、その点がズバ抜けて高いというコトに気づいていなかったが、
 こんな状況になったことで、その特異な資質が開花した。

 もし、伊達が戦国時代に生まれていたら、確実に、
 『もっとも強かった武将は誰かランキング』に名前を連ねていただろう。

「俺の仲間を……ぽんぽん、ぽんぽん、殺しやがって……この鬼畜生どもがぁ……」

 3万も集まれば、その中に一人か二人くらい、『生まれつき戦闘力が高い』という稀有な個体もいる。

 伊達は、戦闘系のゴールドスペシャルを持つ、武の天才。
 きちんと、時間をかけて磨けば、九華の第十席も狙えうる逸材。

 そんな伊達の資質に気づいた虹宮は、

「……なるほど、確かに……少し強いかな」

 ギュギュっと拳を握りしめ、伊達を正式にロックオンする。

 もはや、油断は微塵もない。
 確実な殺意を伊達に向ける。

 前方には岡葉、後方には虹宮。
 ――完全に包囲された伊達は、

「帰るんだよぉおお! 俺は絶対に、家に帰る!! こんなところで死んでたまるかあああああ!」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く