『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

96話 照射合戦。


 96話 照射合戦。

「ボクの仕事はぁああ! 風穴をあける事ぉおお! くらえぇえええ! 神様も御用達の超必殺技! 『ディザスター・レイ』!!」

「ぐがっ! ぐぎぎぎぎいいいいい!!」

 岡葉の『貫通値がアップしている超火力ゲロビ』を、ガードしきれず、
 ネオバグEの腹部に、ガッツリと穴が開いた。

 その腹部の穴めがけて、他の神話狩りが、

「猛毒はいかが?」
「神経麻痺も、ご一緒にどうぞ」
「まだ足りない? 食い意地が張ったお客さんだ。なら、この時限爆弾をサービスしようじゃないか!」

 それぞれに出来る最善手をブッパしていく。
 結果、

「ぐげっ――グゲゲゲゲっ――」

 毒々しい紫色のボディになって、ビリビリと痺れ、
 最後には盛大に爆発して木っ端みじんになった。

「いける! 殺せる!」
「さあ、残り8体!!」

 その向こうでは、
 盾役の『B』『C』『D』に対し、虹宮が、

「サンドバッックに徹するのも結構だけれど、それじゃあ、いくらでも積むことが出来てしまう……いいのかな?」

 全身にオーラを充満させていく。

「プラクテス・バトルダンス!!」

 本来なら発動条件が厳しい積みスキル――を悠々と発動させて、

「絶望はもう死んでいる……おれが……おれたちが、神話狩りだ!」


 踏み込んだ虹宮の拳が、ネオバグを貫く!
 振りまわした足が、ネオバグを裂く!

 最後に、頭部と首を掴んで、
 グジャリと砕く!!


 ――と、そこで!

「溜ぁまったぁああああああ! まとめて吹き飛ばす! そして、全てを終わらせる!!」

 魔力を溜めていた5人のネオバグが、
 それぞれ、両手を、
 神話狩りのメンバーに向けて、
 一切の躊躇なく、


「「「「「亜異次元砲ぉおおおおおお!!」」」」」


 強大なエネルギーの照射。
 超次の暴力。

 その莫大な力に向けて、
 虹宮は、

「ディザスター・レイ!!」

 超火力のゲロビで応戦!!

 他のメンバーも、揃って、ディザスター・レイを放つ。
 エネルギーが衝突し、次元に裂け目ができた。
 まるで、空間に対する高度な嫌がらせ。
 軋みが膨らんでいく。
 エネルギーの押し合いは、次第に、

「ぉ、押されている……返しきれない……届かない……」

 ジリジリと、ゆっくりと、
 しかし、確実に、

「……まさか……本当に……ぉ、終わるのか……イヤだ……」

 神話狩りのディザスター・レイが、徐々に、ネオバグの亜異次元砲を押し込んでいく。

「ありえないぃいいいいいい!! 俺は……俺はっ、世界を喰らい尽すものっっ! そうだ! 俺は! それだけの存在! コスモの歪みそのものぉ! だからこそ、折れる訳がない、全てをのみこむ闇! だから、だから、だからぁああああああああああああああああああ!!」


 軋みが、臨界点に達した。
 音が殺される。
 カっと光った。

 ダムの決壊直後のように、エネルギーが、一斉に解放されて、



「ギギャアあああああああああああああああ―――」



 ネオバグを完全に消滅させた。

 ――光の粒になったネオバグの魂魄が、静寂を内包した揺らぎを経て、虹宮たちの体へと収まっていく。

 気付けば、雲が散っていた。
 驚くほど、空は青かった。



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く