『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

88話 俺は誰だ。ダレだ……だれだ……


 88話 俺は誰だ。ダレだ……だれだ……


 ドラゴンスーツを着た8名の神話狩りは、
 『それぞれに出来る全て』をネオバグにぶつけた。
 純粋に、教科書通りに、
 練り上げた魔力とオーラを叩き込む。

 ――その結果、

「ぐ……ぬっ――」

 ネオバグは、追い詰められていく。
 どうやら、ネオバグは、フェイクオーラの性能が高いだけで、
 能力自体は、そこまで高くなかった。

岡葉「いける! スピードもパワーも、そこまで大したことはない!」
ナツミ「ええ、これなら、いくらでも殺し切れます!」


「か、完全になった俺を! ナメるなよぉおおおお!」


 追い詰められたネオバグは、そこで、一気にオーラを膨らませた。

 圧力がさらに増す。
 だが、それは一瞬の出来事で、

「あっ……ぁあ……ち、力が……抜けていく……なんで」

 ふいに、ネオバグはフラつきだして、

「せ、生命エネルギーが……熔ける……きょ、共鳴率が足りない……いや、それ以前に、この殻(から)は、心も魂魄も脆すぎる……ぁあ、ダメだ……もたない……」

 ついには、ガクっと膝から崩れ落ちたネオバグ。
 そんなネオバグに対して、
 神話狩りのメンバーは容赦なく、

「なんだか知らないけど、ピヨっている! いまがチャンス! 総攻撃ぃい!」

 岡葉の合図で、全員が、最大級の火力をネオバグに投入した。

 その結果、 



「ぐっはぁああ!!」



 断末魔を上げて、たおれこむネオバグ。
 ボロボロの姿でピクリともしなくなった。

 かなり、あっさりと倒すことができた現状を受けて、神話狩りの面々は、

ナツミ「なんだ、こんなものですか」
岡葉「楽勝!」
ツカム「最も難しい難易度とは思えないレベルでしたね」
虹宮「どうやら、おれたちは強くなり過ぎたらしい」
雷堂「ふっ……自分の才能が恐いわ」

味崎「やめろ、お前ら、フラグ建てんな!」

 味崎の叫びも虚しく、


「ごぽっ……」


 ネオバグが黒い血の塊を吐きだした。

 全員が、一斉に警戒する視線の先で、
 その黒い血の塊は、ウネウネとうごめきだし、
 ネオバグの体を包んでいく。

 黒い血に全身を包み込まれたところで、ネオバグは言う。




「……カルマトランスフォーム・モード『死夜の勇者』……」




 すると、
 カっと、黒く光り輝き、

 気付いた時には、

味崎「……おいおい、なんか、すげぇヤバそうなスタイルにチェンジしちまったぞ……」
岡葉「こ、今度も見かけ倒しでありますように……」

 ネオバグは、見る者の心をザラつかせる禍々しい姿となって復活した。
 冷たくて黒い炎を纏う狂気的な姿。
 ――ネオバグは言う。


「意識が消えていく……俺だったはずの『何か』は消えてしまった。俺はもう俺じゃない……俺はダレだ……」


 バッキバキの目で、
 虚空を睨みつけ、


「俺は……世界の欠陥……その具現……不可避の歪み……」


 血走った目で、よだれをたらしながら、

「……コスモゾーンを……喰らいつくすもの……コスモの影、コスモのひずみ、コスモの闇、コスモの――」


味崎「おい、やべぇぞ。コズミック・サイコになっちまった」
ツカム「これは、精神病院に丸投げ案件ですね。僕たちの出る幕はありません」





「俺は、コスモの……あ、あぁ……きぃぇえええええええええええ!!」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く