『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

84話 イベント?


 84話 イベント?


 気がつくと、虹宮たちは、夕方の河川敷にいた。
 西の空に、真っ赤な太陽が沈みそうになっている夕刻。

「ここ……おいおい、まさか……」
「元の世界……?」
「ああ、完全に日本だな」

 河川敷の向こうに見えるデパートの垂れ幕に書かれてある文字は完全に日本語だった。

「帰ってこられた……って……こと?」
「なワケねぇだろ」
「もしかして、いままでのことって、全部夢だったのか……?」

 そこで、虹宮が、

「セブンス、こい」

 掌を上に向けて、そう宣言すると、

「きゅい」

 虹宮の携帯ドラゴン『セブンス』が元気に現れて、虹宮の掌の上にポスンと乗った。

「どうやら、夢ではなかったみたいだね」

「イベントを日本で行うってだけの話か……」
「このまま逃げたら……どうなるかな?」
「殺されるに一票」
「たぶん、特定範囲外に出たら、頭が爆発するガ○ツ形式じゃね?」
「そもそも、逃げるってどこに逃げるんだよ。ブラジルまでいったところで、指パチン一つで、余裕で連れ戻されるだけだと思うぞ」
「こっちに送るのも、あっちへ戻すのも、神様なら楽勝だろうからな」
「神様との闘いに勝つしか、本当の自由を得る方法はない」

 などと話していると、




「おら、もっと本気ではしれ、ごらぁ!」




 少し離れた所から、そんな声が聞こえた。

 反射的に視線を送ってみると、
 バイクに2ケツしているギラギラしたヤンキーが、小柄な少年を背後から追いかけまわしていた。
 少年は、ヒイヒイと息を切らしながら、

「もう……むり……」

 そう言って倒れ込んだ少年に、ヤンキー2匹は、

「はい、30分、バイク並走できませんでしたぁ」
「気合いが足りない。というわけで、罰ゲーム」

 言いながら、ヤンキーAは、クラッカーをとりだすと、
 少年の口につっこんで、

「みごと、無能賞を受賞されましたぁ。ぱんぱかぱーん」

 と言いながら、シッポのヒモをひくと、

「ぶほぉ!!」

 涙を流しながらゲホゲホいっている少年に、ヤンキーBは嬉々として、

「そして、罰金ターイム。これは、ゲームに負けた罰金なので、カツアゲにはなりませぇん」

 言いながら、少年の財布を奪うと、全財産の2500円をを没収して、

「おい、罰金が足りねぇよ」
「どう落とし前つける気だ、あぁん」

 頭を踏みつけられて、上から高圧的に声をかけられた結果、少年は、

「……」

 ブルブルと震えるだけで、何も言えなくなってしまっていた。

 そんな少年の後ろで、ヤンキーAがBに、

「こいつ、確か、お守りみたいなの首からぶらさげてただろ。あの中に入ってないか調べてみろよ」
「ああ、そのパターン、あるな」

 言いながら、Bは、少年の胸倉に手をかけた。
 すると、少年は、

「こ、これは……ダメ……お母さんが……困った時に開けなさいって――」
「つまり、出番がきたってことじゃねぇか」
「やったな、おい。出演チャンスに恵まれて、お守りの中身も喜んでるぞ、きっと」

「だ、だめ……離して……」

「……ぁ?」

 抵抗する少年にイラっとしたBは、両手で少年の頭を掴んで、額に、

「うぁあっっ!!」

 ガツンとヘッドバッドを決めていく。

 激痛にもだえている少年の頬を、追加でバチンと強めにビンタしてから、

「ダメじゃん、その態度。俺のことをイラつかせるとか、ダメじゃん」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く