『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

82話+ 高校時代のバイト先。


 82話+ 高校時代のバイト先。

「……俺を……拒絶していやがる……たかが第一アルファの分際で……究極超神の序列一位である俺の侵入を拒むだと……ナメくさりやがって」



 そこで、センは、





「――『究極超神化7』!!」





 簡易・絶対神の姿となり、強引に突破しようとした――が、

「ぐががっ!!」

 今度はバリバリっと強い電気に触れて、
 一瞬、意識が飛びそうになった。

 究極超神の究極形態に変身している今のセンエースが、
 そこらのザコキャラのように気絶しかけたという異質な現状。

「ぅ、うそやろ、おい!! ありえへんやろ! ワシ、今、簡易とはいえ、究極超神化7を使ってんねんで?! そのワシが、手も足も出ぇへんとか、なんでやねん!!」

 つい、トウシのモノマネが入ってしまうほどの驚愕。
 その間にも、センは、いくつかの手を用いて、
 第一アルファに干渉しようとするが、
 ――しかし、

「凶悪な断裂……どんどんリンクが切れていく……何が理由だ……何がフラグになった……いや、理由はどうでもいい。それよりも……これは、ヤバい……」

「なんだか、妙な事が起こっているようでちゅね」

「ああ。……おそらくだが……このままだと、第一アルファが消滅する」

「ふーん。でも、まあ、別にいいんじゃないでちゅか?」

「ぁあ、そうだな……って、いや、よくねぇよ。何言ってんだ、お前」

「あんな、ただ『産まれてくる人間のスペックが無駄に高いだけ(基本、宝の持ち腐れで終わる)のネタ世界』が滅びようがどうしようが、どうでもいいでちゅ」

「お前、それでも、第一アルファの元主神かよ」

 シューリは、第一アルファに対して、『高校時代のバイト先』くらいの感覚しか持っていない。
 『積極的に潰れてほしい』とは思わないが、ぶっちゃけ、心底、どっちでもいいというサイコなスタンス。

「……ったく……」

 センは溜息をついてから、

「あんな『魔法の一つも使えない面白味もクソもねぇカス世界』でも、一応は俺の地元なんだよ。『わけわかんねぇ脅威』なんかに好き勝手されるのは気分が悪い」

 言うと、センは、さらに一歩踏み込んで、『第一アルファに干渉するための方法』を探ってみた。
 『裏ダンジョン・ゼノリカ』の入り口を設置して、介入しようかと画策してみるも、

「ゼノリカも介入できなくなっている……俺だけじゃない……第一アルファ自体が、他世界から完全に隔絶されている……お、俺の地元、ガラパゴス化しちまった……」

「あーあ、それじゃあ、仕方ないでちゅね。あんな世界の事は記憶から消して、一緒にポーカーをやりまちょう」

 そう言いながら、カードをシャッフルしだしたシューリに対し、センは、

「興味のなさがエゲつないな……」

 もはや、反論する気もおきず、力なくボソっと、そうつぶやくばかり。
 カードを配り終えると、シューリは、満面の笑みで言う。

「はーい、オイちゃん、クイーンハイのツーペアぁ」

「……俺は、エースのスリーカード」

「バカな! オイちゃんが……負けるだなんて……ふ、ふんだ! けど、次は負けまちぇんよぉ!」

 キャッキャとはしゃいでいるシューリに、
 センは、冷めた視線を送り、

「……楽しいか?」

「わりと楽しいでちゅよ。オイちゃんと運ゲーが出来る神は限られていまちゅから。あと、オイちゃんと一緒に遊べる神も限られていまちゅちね」



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く