『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

82話 元最強神のレプリカ。


 82話 元最強神のレプリカ。

「完全に無駄を削ぎ落す事でしか届かへん、『没頭の果て』でこそ輝く武の結晶。ワシはその逆を追求してきた男や」

 そこで、トウシは、すぅと息を吸って、

「ワシの体は小さい。平均よりは背ぇ高いけど、『野球選手』としては小さすぎて話にならん。速い球は投げられん。ホームランも打てん。こんなワシを、甲子園とかプロとかメジャーの世界で通用させるにはどうしたらええか……ワシは、ずっと、そんなことを考えて生きてきた。別に、野球選手になりたかったとかそういうワケやないで? 高校に行っても、野球する気とかないし。ただ、『どうしたら不可能を可能にできるか』と考えるんが好きやったから――」

 ――お前の人生についてはどうでもいい。結論を言え――

「……あんたに『ワシ』を教えたる。あんたに足りんもん、その全部を持っとるワシを知ることで……あんたは、最強を超えた神になれる」

 ――そう簡単になれたら苦労はしない――

「簡単? ワシを知ることが?」

 そこで、トウシは鼻で笑い、

「いくらなんでもワシをナメすぎやろ。あんたみたいな戦闘バカが、そう簡単にワシを理解できる訳がない」

 ――うむ……悪くない挑発だ。流石に、『ガキの戯言』でカチンとはこないが、興味深いとは思えた――


 そこで、
 トウシの肌に触れる空気が変化した。
 ビリリと、全身の毛が逆立つ。
 『大いなる何か』を、その肉体で感じとった瞬間。

 目を開けて、周りを確認してみると、
 多目的室にいたはずなのに、なぜか荒野に座っていた。

 そして、目の前には、





「俺に『お前』を叩き込んでみせろ。『その果てに辿りつける特別な世界』が、もし本当にあったなら、お前に俺の『全て』を教えてやる」





「……エッグいオーラやな……」

 言いながら、トウシは立ちあがって、

「クソバカでかい覇気……近くにおるだけで感じる、ケタ違いの強さ……」

「言っておくが、本物のソンキー・ウルギ・アースの覇気は、こんなものではない。俺は所詮、ソンキーを模して造られたソウルレリーフでしかない」

「……レプリカですら、この力……絶対に、ソンキーが最強やろ。コレが最強やなかったらおかしい……」

 冷や汗を流し、ゴクリと唾をのみながら、

「な、なあ、ソンキー……本物のあんたは、ほんまにモンジンより下なん?」

「ソンキー・ウルギ・アースは、間違いなく、あのド変態に負けた。あのド変態は確実に本物の俺より強い。だが、資質で劣っているとは思わない」

「……」

「さあ、行くぞ、トウシ。俺を、さらなるステージへと連れていってみせろ」





 ★





 トウシとソンキーが、多次元で闘っていた、ちょうどその時、

「……ん?」

 センは、異界で起こっている異変に気付いた。

「どうしたんでちゅか?」

「第一アルファで異常なエネルギー反応……ケタ違いに大きい……なんだ、これ……」

 そこで、センは、意識を第一アルファとリンクさせてみた。
 発生源に目を向けてみるが、
 しかし、

「……弾かれる……ちっ、禁域のモヤモヤよりも強い『神気に対する拒絶フィールド』……鬱陶しい……」

 そこで、スっと立ち上がり、
 自ら排除に向かおうとするが、

「……ん?」

 バチッっと、『弾き』を感じた。
 上品な抵抗。
 静電気程度の小さな感触。
 しかし、それだけでも充分に分かった。

「……俺を……拒絶していやがる……たかが第一アルファの分際で……究極超神の序列一位である俺の侵入を拒むだと……ナメくさりやがって」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く