『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

81話 対話。


 81話 対話。

 少しだけジュリアに席をはずしてもらったトウシは、
 誰もいない多目的室で、座禅を組んで目を閉じていた。

 スゥっと息を吸い、ハァと吐く。
 それを、何度か繰り返してから、

「ソンキー……返事をしてくれ」

 そう声をかけた。
 反応はなかった。
 トウシは、もう一度、

「頼む……もう一回、力を貸してくれ」

 そう声をかけると、
 一瞬、
 風が吹いたような気がした。

 キィンと、共鳴するような音がして、
 そして、
 静かに、
 その声は響いた。





 ――お前はすでに、俺を理解している。貸せる力などない――





 脳内に響くその声は、
 さわやか系のイケボなのに、ズンと、腹の奥に響く重厚さがあった。

 ――トウシは言う。

「……『パワーをよこせ』とか『指導してくれ』とか、そんなんとちゃうねん。……ただ、ワシと闘ってほしいんや」

 トウシは、全力で言葉を選びながら、

「これまで、ワシは、与えられた力を振り回すだけのお人形さんやった。けど、そのままでは、神様はもちろん、ミシャンド/ラにも勝てん。あの狂気的なバケモノ共と渡り合おうと思えば……ワシ自身が、ちゃんと積まなアカン」



 ――他人に稽古をつける趣味はない――


 ソンキーは、そこで、息継ぎをして、


 ――得意ではないし、やりたいとも思わない。俺は俺が強くなる事にしか興味がない。前に、少しだけ手を貸してやったのが限界だ。アレ以上の何かをする気はない。そもそも、前に手を貸してやったことが、すでに例外中の例外なんだ。お前は俺を知らないから、よくわからんだろうが、俺の事をよく知っている周りの連中が、『お前に俺がやった事』を知れば、全員、度肝をぬかすだろう――



「わかっとる。あんたの事は……なんとなく分かる。『己の強さ』にしか興味がない、徹底して『他者』に無関心な、孤高の最強神」


 ――『元』最強神だ――


「ちゃんと分かっとるよ。……バロールとの闘いで、魂を少しだけ共有した事で、ワシはあんたの事を、ほんの少しだけやけど、理解する事ができた」

 だから、これまでのピンチでは頼らなかった。
 どうせ応えてくれないだろうと思っていたから。

 しかし、もはや、ここまできてしまうと、頼らざるをえない。
 恥も外聞もなく、
 遠慮もマナーもなく、トウシは詰めていく。

「だから、『力を与えてください』とか、『稽古をつけてください』とか言うつもりはない。ただ純粋に、まっすぐに……『殺すつもり』でええから……ワシと闘ってくれ」

 ソンキーは答えない。
 無音の中で、
 トウシは続けて、

「こっちの望みばっかり言うつもりはない。メリットを提示する。ワシと闘えば、あんたは、より強くなれる」

 ――興味深い発言だ。続けろ。聞いてやる――

「あんた、ぶっちゃけ、アホやろ?」

 ――勇気のある発言だ――

「頭が悪いって意味とちゃうで? 純粋戦闘バカって意味。んー、なんていうたらええかな……あんた、『闘う時は、むき出しでありたい』と思っとるやろ?」

 ――それがどうした――

「別にそれはええ。『その状態やないと出せん力』もある。完全に無駄を削ぎ落す事でしか届かへん、『没頭の果て』でこそ輝く武の結晶」

 ――結局のところ、純粋な戦闘力を磨く事でしか根源的な強さは得られない。小細工を無駄だとは思わない。奇襲を卑怯だとは思わない。だが、俺は、それら全てを飲み込む本物の最果てを求めているというだけの話――


「ワシはその逆を追求してきた男や――」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く