『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

80話 タナカトウシにしか出来ない不可能。


 80話 タナカトウシにしか出来ない不可能。


 廊下に出て、手ごろな多目的室を見つけると、トウシはジュリアと一緒に、その中に入った。
 若干、ヨタつきながら、奥まで歩みを進めると、
 トウシは、壁にもたれかかり、ズルズルと崩れていって、ペタンと尻をつき、
 天を仰いで、


「すまんかったのう……いろいろと……気ぃ使わせて」


 ボソっと、ジュリアにそう声をかけた。
 言われたジュリアは、ツンとした顔のまま、

「ここからは、総力戦を強制される。つまり、ここで、チームが折れると、万が一にも勝ち目がなくなるってこと……あんたを殺すのは私の仕事。他の誰にも渡さない」

 ボソっとそう言った。
 そんなジュリアの、いつもとまったく調子の変わらない発言を受けて、
 トウシは、フっと鼻で笑ってから、


「けど……ムリやで……ミシャンド/ラには勝てん……あいつは強すぎる」


 ボソボソと、

「弱点なんかない……実際に対峙してハッキリと分かった。あいつを相手にする場合に限り、『こうすれば勝てる』なんていう攻略法はない……あの女は、純粋に、ワシよりも遥かに強い……ワシでは想像できんくらいの長い時間をかけて、ワシでは想像できんくらいの絶望を乗り越えて、ワシでは想像もできんくらいの研鑽を積んだ結晶……それが、あの女の実態や……ワシ程度が勝てる訳がない」

「で?」

「で、だから、つまり……」

 そこで、トウシは、スっと立ち上がって、
 スゥ、ハァっと深呼吸をしてから、


 ――ギュっと、ジュリアを抱きしめた。


 そして、そのままゆっくりとキスをした。
 少し長いキス。
 30秒ほど、唇を重ね合ってから、
 トウシは、

「これから、死ぬ気で、あいつを殺すための準備を整える。生き残るために死力を尽くす。お前を守るために、一緒に帰るために……ワシは、これから、ワシの全部を賭してあがく……けど、それでも……」

「それでも?」

「それでも勝てんかった時は………………一緒に死のう」

「バカじゃない?」

 ジュリアは、虫を見るような目で、
 トウシを見下して、

「絶対にイヤ。あんたと一緒に死ぬくらいなら……」

「ワシと一緒に死ぬくらいやったら……なんやねん」

「あんたより強くなって、あんたを守る。あんたを殺すのは私。私のこの手が、あんたを殺すその日まで……あんたは絶対に死なない。絶対に死なせない」

 ジュリアの覚悟を聞いて、トウシは、うつむいた。
 声がでなかった。
 喉に、何かがつまって、声がかすれて、
 それでも、トウシは必死になって、のどをひらいて、

「それ……ワシが……お前に言わなあかんセリフやなぁ……」

 そう言うと、ジュリアは、まっすぐに、トウシを見つめて、

「あんたは、ここまでに、同じような事を、ずっと私に言い続けている。もう聞きあきた。だから、言わなくていい」

「……」

「あたしとあんたは、一緒に帰るの。そのための方法を考えなさい。そのためだけに、その世界一の頭を使いなさい。悩んでいる暇があるなら、全力でカッコつけなさい」

「……」

「圧倒的な力を持つ神様に勝って生き残る……それは、他の誰にも出来ない事……けど、あんたなら出来る。これは、あんたにしか出来ない不可能」

 ジュリアの言葉が、鎖になって、トウシの体を締め付ける。
 トウシの全身を縛り付ける、想いの鎖。
 その鎖は、彼女の心と繋がっていて、
 少し目を閉じると、トクンと聞こえた。

 だから、トウシは、

「最強の神様を倒して……生き残る。これは……ワシにしか出来ん不可能や」

 宣言する。
 たんなる繰り返しではない。
 想いのこもった本気のメッセージ。


 覚悟の証。
 命の証明。


 ――そんな、
 トウシの全力投球を受けて、

 ジュリアは言う。

「あんたみたいなカスが神様に勝てるわけないだろ。ふざけるな」
「おまえ、どうしたいねん!」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • キャベツ太郎

    それで、タナジュペアはいつMー◯グランプリに出場されるんですか?

    1
コメントを書く