『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

77話 幼さという脆さ。


 77話 幼さという脆さ。

「目の前の一個一個の情報を適切に処理していく。それ以外はただのノイズ。かりに、『野球勝負でワシが神様に勝った』いうんが幻想やって、神様の実情が、ミシャンド/ラの言うとおりやったとしたら、そしたら、全員で死んだらええ。『地球が爆発しました』っていうんと同じくらいの災害に遭遇してもうた……そう思えばいいだけの話。なんちゃ難しくない」

 そこで、岡葉が、

「トウシくんが言いたい事、ちゃんとみんな、伝わっているよね? 神が想像以上に強いかどうかなんて関係ないんだ。絶対に乗り越えられない壁が相手なんだとしたら、その時は、みんなで一緒に潰されて死ねばいい。けど、もし、そうじゃないのなら、ボクらは何をすべきか。それを考えないといけないんだ。『勝てる訳がない』とか嘆いているヒマがあるなら――」

 と、そこで、味崎が、

「岡葉、もういい。みんな、分かっている。こいつらはバカじゃない」
「トウシくんが諦めていないのなら……私達も諦める気はないわ」
「そうだよ。トウシくんがいれば、どうにかなる」
「これまで以上のミラクルで、さっきの少女も、神様も、全部、なぎたおしてくれる!」

 全員を見渡すと、
 みな、半盲目的な顔で前を向いていた。
 甘い夢を見て這いずるマリオネット。

 絶望下でも、頭が折れていなければ、前を向く事ができる。
 『戦場で死ぬことができる兵士』という、壊れた人形になれる。
 だから、トウシは、先ほど、強健な態度をとり、尖ったセリフをはいた。

 しかし、それは、深層心理の乖離がもたらした、ある種の歪みでしかなかった。
 『自分が折れたらその時点で終わる』という強迫観念。

 ほとんど、脊髄反射でしかなく、
 実際のところ、心の中では、

(あかん……ムリや……ミシャンド/ラは嘘をついとる感じやなかった……ただの演技の可能性もあるけど、それより、おそらく、ほんまに神様の力がエゲつないって可能性の方が高い……)

 表では、ぎりぎり『諦めていないリーダーの顔』を保っているが、内心では、

(神様には勝てん……おそらく、というより、確実に、あの三振は演技……ワシらは全員、殺される……神様からしたら、ワシらは、育成キットの中のアリンコと同じ……ワシが、どんだけエサをくって、太って大きくなっても、神様からしたら『他のアリよりは大きい』程度でしかない……所詮は、指先でちょっと押せば殺せる虫ケラ……)

 絶望の底に沈んでいた。
 実は、もう、折れていた。
 立っているのがやっとの放心状態。

 つまり、トウシの言葉は、すべて、
 脆さを支えあうために吐かれた、傷だらけの嘘。

 トウシは、『無敵の精神力』を持っているわけではない。
 『どんな絶望を前にしても決して折れない狂気の魂魄』を有してはいない。

 確かに、とびぬけて異質なスペックを有しているが、
 しかし、トウシだって、一皮むけば、普通の男子中学生でしかない。

(ワシでは……ワシごときでは、誰も守れん……当たり前や……ワシはただの厨坊でしかないんやから……ちょっと頭の回転がはやいだけの……ただのガキ……ワシごときが……神様に勝てるわけな――)

 心が砕け散りそうになった、
 薄っぺらなウソで脆さは支えきれない。
 『己の幼さを完璧にカバーできるほどの強固なウソ』は使えない。


 『可能性が死んだ極限』を前にして、
   それでも、『ヒーロー見参』を叫べる変態はそういない。


 だから、当然のように崩れた。
 ぶっこわれて、ゆがんで、くさって、

 ――その時、


 バチィィン!!


 と、頬が痺れた。
 気付けば、ジンジン・ヒリヒリとしていて、
 真っ赤にはれて、

「……ぃった……」

 思考の底から意識を戻すと、目の前にジュリアが立っていて、


「しつこい男だ。何回、言わせる。私の前で、無様をさらすな」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く