『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

76話 この上なく尊き神の王。


 76話 この上なく尊き神の王。

「さっきの攻撃が……こうやって、ちゃんと当たっていたら、あなたの頭は爆散していたわ。よかったわね、私が本気じゃなくて」


「……」

「ていうか、そもそも『側頭部に寸止めされた』って認識はある?」

「……いえ……」

「あらあら……じゃあ、少しだけ噛み砕いて説明するわね。私は、ゆっくりと、あなたの横にまわって、ゆっくりと拳をつきだして、あなたの左側頭部――ちょうど、このあたりのスレスレで寸止めしたのよ」

「……ゆっくり……」

「ええ、そう。ゆっくりとね。まあ、私からすればの話だけれど」




「…………ぅ…………うぇ……ぉえ……」




 ストレスがマッハになって、ついには、えづきはじめたトウシに、
 ミシャはたたみかけるように、

「あなたに一つだけ良い事を教えてあげましょうか?」

「……な、なんでしょう……」

「さっき、私は、ジャミが5人束になってかかってきても、私には敵わないと言ったわよね?」

「……はい」

「あれ、うそ」

「……うそ……?」

「私がその気になれば、ジャミ程度だと、10人相手にしても問題なく殺せる」

「……じゅ、10……」

「興が乗ったから、もうひとつだけ、良い事を教えてあげるわ」

「……も、もう、聞きたくない……」





「そんな私が1000人束になっても、偉大なる神には、触れる事もできないわ」





「……」

「私1000人程度だと、触れることはおろか、近づくことすらできないわね。私ごときが、何万、何百万いようと、キズ一つつける事もできない……それが、この上なく尊い神の御力」

「……」

「ありとあらゆる神の頂点、全てを超越した偉大なる神の王……それが、あなたたちのラスボス」

「……」

「少しは理解できた? 自分たちの現状」

「……ぇえ……まぁ……だいたいは……」

「じゃあ、そろそろサービスタイムは終わり。イベントの開催を楽しみにしていてね」

 ニコっと微笑んでから、
 ミシャは、その場から消えた。

 残された神話狩りの面々は、

「……マジかよ……」
「トウシくんが……赤子あつかい……」
「強すぎだろ……なんだ、あの少女……」
「ほ、ほんとに神様って……さっきのミシャンド/ラって女の子より強いの……?」
「……だとしたら……か、勝てるわけねぇ……なにしたって……」

 絶望の底に沈みかけているメンバーを見たトウシは、そこで、


「落ちつけ。ブラフだ」


 必死に、
 まるで、自分自身に言い聞かせているかのように、

「神がそこまでの力を持っとるなら、ワシごときの球で三振はせん」

「……あれも……演技だったのかも……」

「かもな。ただ言うとくけど、そういう一つ一つを疑いだしたら、キリないで? 『かもしれない』を言いだしたら、しまいや。なんやったら、この状況も、ただの夢かもしれへんし、そうやなくとも、そもそもにして、ワシらの目の前にある全部が仮想現実かもしれん。『現実』ってもんは実在せんで、これ、全部、神様が見とる夢かも。もしくは、水槽の中に浮かぶ、電極さされた脳が見とる幻想。他にも可能性は……って、まだ、言い続けよか?」

「……ご、ごめん……そうだよね。疑いだしたら、キリがないよね……」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く