『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

74話 止まってくれない地獄。


 74話 止まってくれない地獄。

「……お前らがおらんかったら、出来んかった事……それは……まあ、事実……やから、まあ……その…………ありがとう……いろいろ」

 そう言ったトウシの姿に、裏でキュン死しかけているジュリアの向こうで、

「デレた! トウシくんがデレましたよ!」
「私達、ついにトウシくんを攻略したのね!」
「エンディグだぞ、お前ら、泣けよ!」

 他の面々も、トウシのデレに大はしゃぎしている。

 ――と、
 そんな、弛緩したムードは、





「こんな状況だというのに、ずいぶんと楽しそうね」





 背後から聞こえてきた声でピタっととまった。
 反射的に、全員が、声のしたほうに振り返ると、
 そこには、幼女体系の美少女が窓に腰かけていて、



「こんにちは。私は、三至天帝のミシャンド/ラ。あなたたちの次のイベント相手よ」



「……次の……敵……」

「あなた達というより……タナカトウシの敵と言った方が正確かしら。タナカトウシ以外じゃ、どう間違っても、私の相手はできないでしょうから」

 と、そこで、岡葉が、

「ずいぶんな自信ですね。あなたはそんなに強いのですか? そうは見えませんが」

 そう踏み込むと、
 ミシャは、ニコっと微笑んで、

「確か、あなたは、『ジャミ』にボコボコにされていた子ね」

「……それが、なにか?」

「私達の組織の階級は、絶対的な神であらせられるモンジン神帝陛下を頂点とし、そのすぐ下に側仕えのアダムがいて、その下に私達、三至天帝、その下に、五聖命王があって、その下に九華十傑がある。つまり、ジャミは、私の配下の配下ってこと」

「「「「「……」」」」」

「それだけの情報じゃあ、具体的には分からないでしょうから、デジタルに教えてあげるわ。ジャミが5人束になってかかってきても私には敵わない」

「「「「「「……」」」」」」

「口だけの情報だと信じられないかもしれないから、本イベント開始前に、少しだけ私の力を見せてあげるわ」

 そう言って、ミシャが指をパチンと鳴らすと、この空間がグニャリと曲がった。
 そして、講堂だった部屋は、広い荒野になった。


「これはあくまでも余興。殺しはしないから……さあ、好きにかかってきなさい」


 そう言って、ゆったりと両手を広げるミシャ。

 見た目はただの小柄な少女だが、かもし出されている雰囲気はハンパではなかった。

 この急な展開に、みな、逡巡していたが、
 岡葉が、

「殺しはしない……というのは本当ですか?」

 そう問いかけると、

「神に誓うわ。『この上なく尊い主』に立てた誓いを、私が破ることはない」

 その態度を受けて、トウシは、

(この幼女も、結構な狂信者やな……)

 心の中でそうつぶやいた。

 岡葉が、

「では、遠慮なく、よろこんで……次のイベントの対戦相手……その実力を見せてもらうとしようかな。トランスフォーム!」

 そう言って、携帯ドラゴンを纏う岡葉。
 9階での稼ぎで、それなりの数のメンバーが、トランスフォームを入手しており、その割合は、だいたい30人くらい。
 上位陣は、ほぼ全員がトランスフォームできるようになっている。

 岡葉は、
 ダっと地面を蹴りあげて、一気にミシャとの距離をつめると、
 『右手に召喚した剣』を振り上げ、

「うらぁあああああ!」

 血走った目でそう叫びながら、振り下ろした。
 迷いのない、まっすぐな、力強い一刀。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • キャベツ太郎

    真さん
    分かり身が深すぎて同一人物かと思いましたよ。
    同一人物と言えば、私の前垢と長万部さんが同一人物説出てましたねww
    懐かしい。

    1
  • シーザー

    やっと更新に追いついた…
    トウシが神様をセンエースだと気づいた時の反応が凄く気になります。それ以前にトウシがセンエースだと教えてもらうなり、気づくなりするかわかりませんが。

    0
コメントを書く