『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

70話 歪んだ自尊。


 70話 歪んだ自尊。

「キッチリ、ど真ん中、球種はストレート」

「程度の低いブラフだな。恐怖のあまり、頭が悪くなったか? 可哀そうに。これから先の人生、大変だな。お前、頭のよさ以外、なんの取柄(とりえ)もないから」

「取柄なら、他にも、もう一個だけある」

「へぇ。知らなかったな。ちなみに、その、もう一個ある取り柄ってのは?」





「――頭が、ぶっち切れているところ――」





 そう言って、トウシはふりかぶった。

「こんな状況でも、迷いなく、ど真ん中に、ただの全力をブチ込める、ワシのイカれ方……とくと見さらせ、アホんだらぁ!」


 叫び、トウシは、躍動する。
 蹴りあげた足に体重を乗せて、一気に前へと加速する。
 稼働域一杯の螺旋運動。
 人外レベルの『しなやかな手首』が、日本刀以上の驚異的な切れ味でボールを切る。

 ギュンッッと、空気を裂いて、
 唸りをあげながら、
 ミットに――


 ――キィイイイイイイン!


「げぇっ!!」

 トウシのストレートは、ミットに収まることなく、
 虹宮のバットに持っていかれた。
 グングンと伸びていく打球。
 先ほどの特大ファールよりも高く、はやく、
 しかし、先ほどよりも大きく、左へとそれていった。

 アダムが、ファールと宣言した。
 キチンと審判の役目をこなすアダムの視線の先で、
 トウシが、脂汗を垂れ流しながら、

(危(あぶ)なっ、あぶなっ、あぶな、あぶな、あぶな……)

 ダラダラの汗にまみれ、真っ青の顔で、先ほどのファールの残滓を見つめている。

 ――そんなトウシに、虹宮が言う。



「自分だけだと思ったか?」



 『歪んだ熱』のこもった声で、

「陰キャで、自己完結型の孤独主義で、精神がバグっているウルトラボッチマン……そのラリった特異性が、自分だけのスペシャルだと、いつから錯覚していた?」

「なんや、その発言、意味わからん……もしかしてやけど、『自分もそうや』って言いたいんか?」

「俺が何を言いたがっているかなんてどうでもいいんだよ。大事な事は、お前じゃ俺には勝てないってこと。それだけ」

「……」

 そこで、トウシは、天を仰ぐ。
 スゥウと、本日何度目か分からない深い深呼吸。

(ワシという人間そのものを使ったブラフ……宣言つきでの、ど真ん中……視線の誘導も、十字切りの指向操作も……全部使った上での一投やったんやけど……当たり前のように弾き返された……)

 ヤケになってど真ん中に投げたワケじゃない。
 状況的に『最善の一手だ』と認識して投げた。

 間違いなく最善ではあった。
 相手が同格だったら、ほぼ確定で打ちあげさせることが出来た。
 それだけの前提は積んだ。

 問題なのは、相手が、想像以上に格上だったという事。

(無様をさらす気はない……折れる気もない……けど……次の一手は……もうない……)

 トウシは、ずっと考え続けている。
 ここまで、思考を止めた事は一度もない。
 だからこそ出た結論。

(コースに生きはない。緩急も息してへん。目つけの通りも悪すぎる)

 心の中では、不可能を前にして窒息しそうになっているが、
 しかし、外から見るぶんのトウシは、

「……」

 胸を張り、まっすぐに虹宮を睨みつけている。

 威風堂々とした姿。
 それは、気概というより意地。
 ジュリアの前で、『よれた姿』は見せられないという、男の意地。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く