『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

66話 挑発。


 66話 挑発。


「褒めてへん。あんたがじんろうやぁ言うてんねん」





「……」





「神様よぉ、もうちょっと抑えぇや。『人外』まるだしやで。どこの中学生が、こんな大観衆の前で、それも、命がかかった試合や言うてんのに、いっさいリズム崩さず、ポンポン、ストライクゾーンに球を投げ込めんねん。人間の弱さ、ナメんなや」

「ちょっと待ってよ。おれは神狼じゃないよ。ただ、トウシくんにゆだねていただけで……ていうか、試合でちゃんと投げられたかどうかが判断材料になるなら、トウシくんだって、見事なピッチングを披露していたから、神狼ってことになっちゃうじゃないか。なに? もしかして、おれとトウシくんが神狼なの? 知らない間に、そうなっていたの?」

「最強無敵の神様は、どうやら、人間の事がよく分かってへんようやな。まったく全知全能やない」

「……」

「人間ってのは、ホンマにクッソ弱いんや。『他人によりかかるしか能のない弱者』ってのは、相手によりかかった状態でも、頻繁かつ盛大にスッ転んで、その上、『お前のせいで転んだじゃないか、どうしてくれる』なんてふざけた文句を言うてくる」

「……」

「神様、おそらく、あんたは強いんやろう。力とかやなくて、魂が強い。弱さを持ち合わせてない特別な心の持ち主。このワシですら……こんな、『いろいろと、ぶっ壊れたワシ』ですら、最初の一球目を投げるんに30秒はかかった。自分を整えるのに、ずいぶんな時間を必要とした。けど、あんたは、一投目からヒョイヒョイ投げてた。もう、これが答えなんや。人間に、そんなマネはできん。つまり、あんたは人間やない」

「……」

「さて、というわけで、一匹、確保。残りのじんろうは、あと一匹やな……ただ、そのもう一匹がさっぱり――」

「ちょ、ちょっと待ってよ。おれの話を終わらせないでよ! おれは神狼じゃないよ。しんじてよ」

「ほな、一打席勝負しようや」

「……はぁ?」

「ワシが投げるから、あんた打てぇ」

「……なんで、急に、そんな話に……」

「最初に言うとくけど、これは真剣勝負。『勝ち負け』がハッキリとつくガチの勝負。ええな?」

「ちょっと待って。ねぇ、冷静になってよ。勝負なんて意味ないよ。おれがトウシくんに勝てるワケないんだから」



「せやな。あんた程度では、ワシには勝てんやろな」



「……なんていうか、その安い挑発、マンガみたいだね」

「挑発に安いもクソもない。『本気』で『胸に抱いとるプライド』は、どの角度から障(さわ)られてもカチンとくるもん。それは、神様も人も変わらんはず……と、ワシなんかは思うとるんやけど、実際のところどうかは知らん。というわけで」

 言いながら、トウシは複数個のボールを持って、マウンドに向かい、

「あんたじゃ、ワシには勝てん。それを証明したるから、さっさとバット持って、打席に立たんかい」

「……強引だなぁ、トウシくんは……まあ、いいよ、ようするに、君に負ければいいんでしょ? やれやれ。それで『神狼じゃない』って証明できるなら、安いものさ」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く