『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

65話 発見。


 65話 発見。

「トランスフォームしてのピッチング、最高やなぁ……病みつきになりそやわぁ」

 などと言いながら、トウシはまた振りかぶる。

「この身体能力があれば、出来ん事はないな。少なくとも、お前ら程度を抑えるんは楽勝……今後、こんな機会は、たぶん、ないやろうから、ここでちょっと実験させてもらうで」

 トウシは、ここまでの8イニングで、相手バッターの特徴を完全に掴んでいた。
 身体能力が5倍になろうが10倍になろうが、その人間が持つ『特異的な指向性』――『クセ』は変わらない(身体能力が上がれば消せるクセは多いが、今、この場で直すことは難しい)。


「ピッチングの高揚感で気負いも霧散した……あとは、ねじふせるだけ……見せたるわ、ワシの……」


 躍動する肢体。
 跳ねるように――

「投球理論を」

 グンと華麗に体躯を推動させて、腕の回転を加速させる。

 爆速のカッターがアウトローをえぐる。
 わずかに外れていたが、打者は手を出さずにはいられない。
 クルリと回転するバット。

「ここから先、一球でもカスる事ができたら褒めたるわ」

 マウンドに君臨し、打者を見下ろしながらそう宣言するトウシ。

 相手打者は、何も言えず、ただ息をのむ。
 既に、呑まれていた。
 ワンナウトが確定した。



 ★



 ノーアウト満塁から始まる地獄のスタート。
 しかし、神話狩りのメンツが『ピンチ』を認識できた瞬間は一秒たりともなかった。

 ただ、クルクルと回転するバッターを眺めていただけの数分でしかなかった。

 当たり前のように守備を終わらせてベンチに戻ってきたトウシ。
 周りは全員、トウシの凄まじさに対し、改めて感嘆・動揺しているが、
 トウシ専用のマネージャーとしてベンチに入っていたジュリアは、涼しい顔で、

「守備は問題なさそうね」

 と、ネクストへ向かう準備をしているトウシへ声をかけた。
 そんなジュリアにトウシは言う。

「攻撃も問題ない」

「なに? あんた、打撃練習もしていたの?」

「バッセンいって、キャッチャーの練習しかせん訳がないやろ」



 ★



 ――キィンと快活な音がした。
 白球は放物線を描いて、スタンドへと飛び込んでいく。

 客席は静まり返っていた。
 これで、勝負が決まってしまったから。

 あまりにもアッサリとした結果。
 ぶっちゃけた話、トウシがトランスフォームをした瞬間に、試合は終わっていたのだ。

 ゆっくりとダイヤモンドを回ってきたトウシは、最後にホームベースを踏んで、

「はい、ワシらの勝ち」

 そうつぶやくと、そこで、ジュリアが、

「あたし達の勝利じゃなく、『あんたの一人勝ち』でしょ。あんた以外、誰も何もしていないんだから」

「虹宮は頑張ってたやろ。このスーパーアウェイの中、8回まで一人で投げ抜いたあいつは、なかなかのド根性&鋼メンタルの持ち主やと思うで」

 と、そこで、虹宮が、

「いやいや、おれは、ただ、トウシくんに丸投げしていただけだから。ただの人形みたいに、投げろって言われたところに投げただけ。だから、やっぱり、結局のところ、すごいのはトウシくんだけだよ」

「いやいや、何いうてんねん。トランスフォームできたんはお前だけ。つまり、ウチのチームで投手が出来たんは、実質、お前だけやった。控えがおらん状態で、お前は、たった一人、孤独を飲み込んで、最後の最後までリズムを崩さず、ワシの注文通りに投げ抜いた……その鋼の精神力……『神』がかっとると言わざるをえんレベルや」

「いやいや、そんなに褒めないでよ」

 無為な『いやいや合戦』が永遠に続くかと思われたその時、
 トウシが、ギンと目を光らせて、

「褒めてへん。あんたが『じんろう』やぁ言うてんねん」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • キャベツ太郎

    あっ、いた

    1
  • ノベルバユーザー359301

    ゴミつまらん

    1
コメントを書く