『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

63話 『転』。


 63話 『転』。

 アダムは、優雅にアクビをしながら、

「貴様程度が私の相手になると思うか? 『この上なく尊い神の王』の側仕えである、この私に、貴様のような虫が――」

「勝てるかどうかなんざ知ったことか! このまま試合を続けたら、間違いなく死ぬ! 5倍にされたら、虹宮の球では通用せんし、こっちのバットはかすりもせん! 終わりじゃ、ぼけぇ! どうせ死ぬなら、その御綺麗(おきれい)な顔面にキズの一つでも残して逝ったらぁ!」

「嘆かわしい。この程度の安い絶望で、こんなにもあっさり切れるとは。『上』も貴様にはガッカリしている様子。もう少し粘り強い人間かと思ったが――」

「知るか、ぼけぇ! おどれらの評価なんざ――」

「残念だが、報酬ランクを一つ下げさせてもらう。まったく、もったいない事をするガキだ。アホウのように切れたりせず、黙って堂々と『この試合』に勝っていれば、『全員脱出』という権利を得られたというのに」

「あー、そー! そりゃ、残念! とでも言うと思ったか、ぼけぇ! どうせただの嘘やろうが! この鬼畜どもがぁ!」

「事実だったんだがな……まあ、どうでもいいか。どっちみち、すでに報酬ランクは下がっている。もう、何をしても戻らない」

「だから、知るかっつってんだ! どっちみち――」





「というわけで、難易度を少し下げる。相手チームの強化はそのままだが、貴様らのチームには『トランスフォームを積んだ携帯ドラゴン』を一つ貸し出す。自由に使え」





 それを聞いて、トウシは、

「……ぇ……」

 一瞬だけ戸惑ったが、
 すぐに、その優秀な頭脳は、
 『意味』を理解した。

 ――だから、

「ひ、ひひ……」

 驚異的な演算速度で未来を貫く。
 さきほどまで、モノクロだった世界が、驚くほど鮮やかになっている。
 ――トウシは、突き抜けたような笑顔で、ニタァァっと笑いながら、

「確か……相手チームは、今後、スペック五倍で、かつ、5アウト&常時満塁制が導入されるんやったっけ?」

「ああ」

 そこで、トウシは、肩のストレッチをしながら、

「難易度、もうちょっと上げてくれてもええで。10アウト制でもOK。そんかわり、報酬を『最高』に戻してくれ。これ、一生のお願い」

「不可能だ」

「……ちっ……まあええわ。とにかく、『トランスフォームつきの携帯ドラゴン』を一つ貸してくれるんやろ?」

「ああ」

「OK。ほな、さっさと試合再開しよか」





 ★





 貸し出された携帯ドラゴンを受け取ると、トウシは、

「ワシが使うで。文句あるやつおる?」

 当然だが、一人もいなかった。
 トウシは、迷わずに、


「トランスフォーム」


 サクっとドラゴンスーツを身にまとう。
 変身完了直後、両手をググっと握りしめながら、

「エルメスを着た時よりは、体がだいぶ重たい感じやな……ウチの子と比べれば、かなり低スペックってこと……まあ、でも……」

 ニっと笑い、

「全然、充分」

 言いながら、トウシは、虹宮に、

「虹宮。キャッチャーやってくれ。ここからはワシが投げる」

「うん……それはいいんだけど、大丈夫?」

「なにが?」

「トウシくん……バッセンでキャッチャーの練習はしていたみたいだけど、投手の方は……どんな感じなの?」

「野球で一番大事なポジションは間違いなく投手。せやから、当然、ワシも、自分の体を使って『投手の練習方法・成長理論』を一番多く実験をした……あとはわかるな?」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く