『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

62話 難易度、さらにドン!!


 62話 難易度、さらにドン!!

 虹宮の変化球は、変化しないわけではないが、どれも、『ドラゴンスーツを使っている相手に使えるレベル』ではなかった。

 変化レベルもなかなかひどかったが、制御程度があまりにもひどかった。
 抜いた球は明後日の方向に飛んでいき、
 切った球は地面をえぐりとる。
 なんとか調節して枠に入れると絶好球。
 ――という始末。

『もしかしたら、ノゴローくんと同じく、普通の変化球が無理なだけで、特殊な変化球なら投げられるかも。どうする? スカイ・クロスファイアー・スコールジャイロナックルとか練習してみる?』

『……せんでええわい』


 変化球なしのストレートだけで出来る事には限りがありすぎて、
 『トウシのスペック』をいかしきる事はできなかった。
 トウシの頭脳は、手札が山ほどあって、はじめて美しく輝く。
 ノゴローくんとは相性が悪いが、三橋廉ならこれ以上ないくらい相性抜群といった具合。


「ストライッ――チェンジ」

(あんだけしんどい思いをして、どうにか8回表を守り切ったのに……攻撃は9球でチェンジ……こころ、折れるな……)


 溜息をつきながら、ミットを持って、ポジションにつこうとすると、


 ――そこで、アダムが出現して、



「あまりにも試合内容がタルすぎる」



 と、妙な事を言いだした。
 続けて、アダムは、

「なんだ、このつまらない試合は。盛り上がりもクソもない。ただ、淡々とスコアボードの0を増やしていくだけの簡単なお仕事……見ていられない」

「どーも、すんまへんなぁ」

 『スコアボードに0を刻むために、どれだけ苦労していると思っていやがる』とでも言いたげな、心底イラっとした顔で、そんな返事をするトウシに、
 アダムは、

「というわけで、ここからは、特別ルールを追加していく」

「……えぇ……」

 『しんどさ大爆発』という顔をしているトウシにアダムは、


「まず、凡人チームの携帯ドラゴンのスペックを五倍に引き上げる」

「……ご……っ……」

 その、あまりにも『チョケ方の度が過ぎた発言』に、トウシは、つい、クラっとして、フラついた。

「かつ、『5アウト制』と『エンドレス満塁制』を導入する。ちなみに、このルールが適用されるのは、凡人チームのみ」

「……オェ」

 あまりの理不尽さに、トウシは、吐きそうになった。
 どうにか嘔吐は我慢したが、顔面は蒼白で、動悸が止まらず、謎の頭痛が発生していた。

「超天才のスーパー救世主・タナカトウシを有する『神話狩り』を相手にする上では、まあ、そのぐらいのハンデは必要だろうという『上』の判断だ。喜べ、貴様はそれだけ評価されているということだ」

「……ふ……ふ、ふざけんな……カスが……」

 ついに、限界を超えてしまったトウシ。
 ここまで、どうにか色々と、我慢をしてきたが、

「ええかげんにせぇよっ! ぼけぇえええ!」

 ついには、プッツンと切れて、喉が切れるほどに叫ぶ。
 野球というゲームに対して本気だからこそ、制御がきかなくなる。
 充血した目でアダムを睨みつけ、強く拳を握りしめる。
 そして、

「くそったれがぁああ!」

 思考停止して、後先考えず、心のおもむくままに、
 アダムの顔面めがけて殴りかかるが、

「無様だな」

 トウシの魂がこもった拳は、指一本で止められてしまった。
 変身すらしていないトウシの拳など、アダムからすれば、蚊が飛んできたのと変わらない。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く