『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

60話 ト・モ・ダ・チ?


 60話 ト・モ・ダ・チ?

「近所に、改造トップガンを置いとるアホなバッセンがあってな。実験として、いろいろ使わせてもらったんや。さすがに、170キロ以上は『軟球でも危険や』ってことで使わせてもらえんかったけど」

「……さ、さすが、すごいね、トウシくんは、なんでもかんでも」
「まあの、ワシはハンパやないからの」

「ちなみに、そのバッセンに友達と一緒にいった事とかある?」
「ト・モ・ダ・チ……? それは、何星の言葉だ?」
「……」

「宇宙の言葉を口にする暇があったら、集中しろ」

 と言い残してから、定位置に戻っていくトウシの背中を見ながら、
 『虹宮(モンジン)』は、

(さすが、トウシ……ゆるぎないねぇ)

 スゥっと息を吸って、

(さて、と……それじゃあ、トウシの配球(思考システム)を、とくと見せてもらおうか……敵を知り、己を知れば、百戦危うからず、ってね♪)

 心の中で、ボソっとそうつぶやいた。



 ★



 内角高めに要求したストレートを持っていかれて、トウシの血の気が引いた。
 結果は、特大ファールに終わってくれたが、
 あと数センチずれていたら場外ホームランだった。

(……トランスフォームの力、ハンパないな……)

 審判からボールを受け取りながら、トウシは必死に頭を回転させていた。

(虹宮の携帯ドラゴンの方が強いから、力押しでもいけるやろうとタカをくくっとったけど……これ、本気を出さな、マズいな……)

 気合いを入れ直したトウシは、
 ミットをバンと叩いて、
 一度、コホンと息をついてから、

「……『人間の眼球の仕組み』と『マウンドとバッターボックス』の位置関係上、『外』か『内』かは見えても、高低は認識しきれなん」

 バッターに聞こえる程度の声で、ブツブツと、

「となると、内角高めの次は……あとはわかるな?」

 などと、ごちゃごちゃ呟いているトウシの声を耳にした相手バッターは、

「……ぅわ……つぶやき戦術とか……そんなん、マジでやっているやつとか、はじめて遭った……」

 ドン引きした声でそう言った。

「そりゃ、そうやろ。小・中でやったら、審判に『うるさい、黙れ』って怒られるからな。つまり、お前らは、経験者かもしれんけど、後ろでペチャクチャ喋られるんには全く慣れてへんってこっちゃ。言うとくけど、これは、結構鬱陶しいで。実際、ダルいやろ? 気ぃ散るやろ?」

「……」

 アウトローのストレートを見送りながら、息を吐く相手バッター。
 肩を回し、再度、深呼吸をする。

 そんな彼に、トウシは止まらず、

「無視しようと努めはじめたな。でも、いくら無視したとしても、のしかかってくる心的ストレスの割合に変動はない。人間の耳は、厄介なことに、周囲の音を拾って勝手に処理する能力があるからなぁ。特に、日本語っていう、聞きなれた言語に対する過敏性・集音性はハンパやない」

 高めのボール球を見送る相手バッター。
 かなり外れていたので、余裕をもって見送る。

「虹宮のストレートは150キロを超えとる……やのに、その高めの吊り球を余裕もって見送るとは……どうやら、ドラゴンスーツを着ると、動体視力も上がるみたいやな」

「ちょっと、黙ってくれ。集中しているんだ」

 言われて、トウシはニっと笑う。

「残念やけど、野球で『黙らなアカンってルール』はありえん。もし、そんなルールがあるなら、『お前らのことを、やかましく応援しとる観客席の連中』も黙らせるべきや」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く