『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

59話 サーキュレーター。


 59話 サーキュレーター。

 先行は、トウシたちのチーム。
 とりあえず、トウシは、様子見として、『岡葉(小学校3~5年の3年間という濃厚な野球経験を持つ男)』を先頭バッターとして送りだした。
 結果は、目を見張るモノだった。

 トランスフォームなしの岡葉に対し、相手投手は、トランスフォームをした状態で、躊躇なく『魂の一球』をブチ込んできた。
 遠投120メートル級の肩力を正しく運用すれば、当然、140キロどころではない圧倒的なスピードが出せる。
 とても中学生が投げたとは思えない、メジャーリーガー顔負けの、160キロ近い剛速球を前にして、岡葉の心は、秒すら必要とせずにヘシ折れた。

「いや、こんなの、むりむり」

 完全に心が砕け散ってしまった岡葉は、その後、ボックスの後方で長い棒を持つだけの特殊なカカシとなった。
 美しい見送り三振を決めた岡葉は、さわやかな表情で、

「うん、不可能不可能。ぼくらは完全に戦力外だ。あとは、トウシくんと、スーツをきている虹宮に任せるしかない」

 2番バッターを買って出たトウシは、打席に立って10秒で、

「あ~、ムリやねぇ~……これは、メジャーリーガーやないと、むり」

 速攻でヘシ折れた。
 あっさりと見送り三振して、

「虹宮、お前だけが頼りや。頼んだで」

 虹宮に全てを託した。
 託された虹宮は、

「大船に乗った気でいるといいよ、トウシくん。なんせ、ぼくは、小学生時代、サーキュレーターの異名を持っていたほどの男だからね」

「おお、かっこええやないか、期待が膨ら……って、それ、扇風機って意味ちゃうんか?!」

 ※ 野球における扇風機とは、バットを振りまわして風を発生させるだけの――ようするに、空振りしかしないザコのことである。


 意気揚々とバッターボックスに向かう虹宮。
 ドラゴンスーツを着ているという事で、相手バッテリーも、虹宮をかなり警戒している様子。
 数秒のサイン交換。
 首を振る投手。

 そこで、虹宮は、相手投手に対し、

「そんなにおびえなくていい」

 雄大に構えて、

「一瞬のことさ。すぐに終わる」

 ゴクっと、息をのむ音が聞こえた。
 虹宮の威圧感に、バッテリーが二人とも息をのんだ。

 ――結果は、


「ストライッ、バッター、アウッ」


「なにしてんねん」
「……紙一重だった……」

「あかん、このサーキュレーター、まったく使えへん……」
「ヤバいな。サーキュレーターが使えないとなると、点を取る手段がない……」
「どうにか、サーキュレーター以外のメンツでも点を取る方法を考えないと」
「だが、流石に、サーキュレーター以外で、あの速度に対応することは――」

「ごめんなさい。反省しています。だから、もうサーキュレーターって呼ぶのやめてください」


 ★


 マウンドに立ったサーキュレーターに、トウシは言う。

「とりあえず、簡単にサインきめよか。球種は何がある?」
「男は黙ってストレート」
「……うわ……マジか……いや、まあ、小学生は変化球投げたらあかんから、しゃーないんやけど……」

 トウシは一度頭を抱えてから、

「まあ、ええわ。とりあえず、コースでリードするから、ワシのミットめがけて投げてこい」

「ところで、トウシくん。今の俺、たぶん、150~160キロくらいの球が投げられるんだけど、取れる?」

「体の使い方を知らんかった頃から、マシンの150キロは捕れよったからな。今やったら200キロの球でも反応できる自信はある」

「え、トウシくんって、実際に野球はやってなかったんだよね?」

「近所に、改造トップガンを置いとるアホなバッセンがあってな。実験として、いろいろ使わせてもらったんや」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • キャベツ太郎

    漫画、アニメ、有名台詞、ゲーム、小説、スポーツ。長万部さんの知識量たるや凄いな。

    1
コメントを書く