『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

58話 究極のバッテリー。


 58話 究極のバッテリー。

「……『三万の中から選りすぐられた野球エリート20人』VS『カジったコトしかない10人』で対戦……ふ、ふざけとる……」

 トウシはハァ~と、深く長い溜息をついてから、
 全員を見渡し、

「一応、言っとくと、ワシは、野球に関しては、詳しい方や。詳しい方というか、ワシの唯一の趣味が、野球なんや。正直、知識だけで言えば、この世の誰にも負ける気がせん」

「え、本当に?」
「よっしゃ、きたぁ!」
「あぶねぇ! よかったぁ!」
「……くく、勝ったな」

「いや、でもなぁ、ワシの専門は『自分がやるほう』やなくて『解析するほう』で……ようするには、プレイヤーではなく、評論家って感じ。……一応、自分の体で、トレーニングメニューを実践した事もあるんやけど、ごらんのとおり、体がでかい訳でもないし、運動神経抜群でもないから、特に上手いわけではない」

「「「……」」」

 トウシの発言を受けて、みな、一様に、
 『え~、それじゃあ、意味がない……いや、意味がないこともないんだけど、ん~』
 という、微妙な空気感になった。

 ――と、そこで、虹宮が、

「じゃあ、キャッチャーをやってくれない? おれのリードをしてほしいんだけど」

 備え付けのグローブとボールを手にしながら、

「おれ、一応、少年野球でピッチャーやっていたんだ。トウシくんと同じで、おれも、『御覧の有様ボディ』で、筋力まったくないから、ヒョロヒョロの球しか投げられなかったけど、今は、ドラゴンスーツが使えるから、パワーはカバーできると思うんだ。ちなみに、コントロールはかなり良かったよ。走り込みだけは真剣にやっていたからね」

「ほう。てことは、エースやったんか?」

「ぇ、よくわかったね」

「小学生レベルやと、全体的に下半身の筋力が足らんすぎて、基本、ストライク入らんからな。枠の中に入れられる力があるだけでも充分って場合がほとんど」

「ほんとに詳しいね。たのもしいよ」

 そこで、トウシは、アダムに視線を向けて、

「一つ、質問あるんすけど」

「なんだ?」

「トランスフォームはありなんすか?」

「ありだ。というか、相手は全員がトランスフォームを使ってくるぞ」

「えぇ……全員、トランスフォームつかえんの……?」
「ああ、ジャミと闘った時と同じように、貸し出している」

「じゃあ、こっちにも貸出許可を――」
「それは認めない」
「えぇ……なんで……」

「彼らは凡人の身でありながら、貴様らのような狂気の天才集団と闘わなければいけないんだぞ。そのぐらいのハンデは当然だろう」
「……いや、凡人て……向こう、野球エリート集団なんやろ? こっちは全員が運動不足のガリ勉集団で――」

「まあ、そう心配するな。やつらは、飛び抜けて強力な携帯ドラゴンを纏っているというわけではない。せいぜい、遠投で120メートル投げられる程度の力しか持っていない」

「遠投で120出たら、球速は最低でも140キロくらい出るんやけど……で、球速140キロ出されたら、かじった事しかない素人では裸足(はだし)で逃げ出す事しか出来へんねんけど……」

「ちなみに言っておくと、やつらには、『この試合で勝てば、30000人全員が復活できる』と伝えてある。もちろん、ウソだが、やつらは、全身全霊で信じている。というか、状況的に、信じるしかない。というわけで、やつらは、文字通り、死に物狂いで立ち向かってくるぞ。試合に出場する者は勿論、サポーター達も気合いが段違い。見渡してみたまえ。面構えが違うだろう」


「「「「「「……」」」」」


「それでは、そろそろ試合をはじめよう。出場する者は、整列」

 問答無用モードになったアダムには、もはや何も言っても無駄だと判断し、
 トウシは、

「まあ、一応、虹宮の携帯ドラゴンの強化値は150%を超えとるし……野球はピッチャーさえ優秀やったらどうにかなる『尖ったスポーツ』やから……絶望的な状況ではない……はず……はぁ」

 溜息をつきつつ、そう言いながら、整列した。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く