『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

55話 トウシ禁止。


 55話 トウシ禁止。

「三度目の課題は、二度目の課題と同時進行で行う。ちなみに言っておくが、神狼だと思う者を見つけたら、私に通報しろ。いつでもいい。もし、それが正解なら、神狼が減る。不正解なら、間違われた者が死ぬ」

「「「……」」」

「さて、では、三度目の課題の説明をする。――『みんなで力を合わせて攻略しよう、ドキドキ地下迷宮攻略』だ」

「「「……」」」

「この学校にはいくつか地下迷宮がある。凶悪なモンスターが出現する危険なダンジョン。貴様らには、これから、その地下迷宮の一つを攻略してもらう」

(((((……ああ、なるほど、その地下迷宮攻略における言動で人狼を見つけろってことか……)))))

「それでは、さっそく地下迷宮に向かおう」

 と言って、アダムは指を鳴らした。

 すると、気付いた時には、


(……あいかわらず、展開が急やなぁ……)


 トウシたちは、地下迷宮の入り口前に立っていた。

 ――アダムが言う。


「この地下迷宮には、特別なルールがある。それは、」


 ――『現時点で強化値200%以上の龍』はこの中では使用不可。


「げっ……」
「トウシくんのエルメス……使えないってこと……?」

「つぅか、現状だと、200%以下なんて、ほとんどいねぇぞ」
「そうよね……9階でだいぶ育てちゃったから……みんな、だいたい200%はこえているわ」
「な、何人いる?! 現在、200%以下のやつ!」

 そこで、チラホラと手が挙がる。
 手を上げた者の数は3人。
 『椿』。伊達。そして、『虹宮』。

「す、すくねぇ……」
「ちょっと待てよ、マジかよ……このルール、えぐいな……主力全員禁止って……」

「トウシくんも、暁(ジュリア)も、岡葉も、鈴木(ホウマ)も、佐藤(ツカム)も、蜜波(ナツミ)も、雷堂も、味崎も……」

「いや、他の人は、ぶっちゃけ、どうでもいいよ。トウシくん禁止っていうのが、とにかキツすぎる……」

「9階であれだけガチャをまわしたのに、200%すらこえていないという、ガチャ運が劇的に悪い3人に……俺らの命ぜんぶを託さないといけないとか……マジか……」

「……で、この3人の中に人狼がいたらどうする?」

「それも、2人とも混じっていて、実質、俺らの命が、残りの一人に託されるパターンだったら、どうよ」

「……どうもクソもねぇ。それ、完全に詰んでるじゃねぇか……」

 と、そこで、

虹宮「安心してよ。おれは神狼じゃないから」

椿「ええ、私も神狼じゃないわ」

伊達「……まあ、人狼は全員、そう言うと思うけど……ていうか、この状況で『自分は人狼じゃない』っていう発言をしない人狼は、『すごいバカ』か『ゲームを投げているヤツ』かのどっちかじゃね?」

 三人がそれぞれコメントを残す。
 それを受けて、岡葉が、

「なんにせよ、椿さんたち三人に任せるしかない……」

 続けて、トウシが、

「ワナとか謎ときとか、そういう『携帯ドラゴンの力を使わんでもどうにかなる場面』では、多少力になれると思うから、その時は頼ってくれ」

 そう声をかけると、虹宮が、

「うん。そういう系は任せるよ」

 グっと拳を掲げながら、そう言った。


 そこで、アダムが、

「ちなみに言っておくと、この地下迷宮は入口がたくさんあるタイプで、例のカス30000人も、他の入り口から既に中へと潜入している。連中の中に200%を超えている者はいない。つまり、全員参加。30000という『数だけは多いカス共』の誰よりもはやくクリアできなければ、貴様らは全員死ぬ」

「な、難易度たけぇ……」
「常に、マストダイ……」
「……『3』VS『30000』……とか……正気かよ……」
「いいかげん、泣いていいかな?」




「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く