『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

53話 神狼。


 53話 神狼。

「……もし、おれが、トウシくんと同じ力を持っていたとしても……おれには出来ないって思った……だから、凄いなって……ホントにカッコイイなって……」


「……」

「でも、それだけじゃダメだって思った……凄いなぁって憧れているだけじゃダメなんだよ。……今度は、おれが助けるんだ! まっすぐに! 前を向いて!」

「……」

「そのための力がいるんだ! 『助けてくれ』って叫びに応えられる力が! トウシくんの隣に立てる力が! おれじゃあ、トウシくんほどの凄いコトは絶対にできないけど! でも、バディとして、支えるくらいのことはしたいんだ! だから、おれは――」





「お前の真摯な想い、確かに聞き届けた。叶えよう。お前に力をやる」





「ほ……ほんとうに?」

「俺は嘘をつかない。ともに邪悪神モンジンをやっつけよう」

「うん!」

 そこで、ここではないどこかにいる『ココロの綺麗な神センエース』は、虹宮に人差指を向けて、

「よし、では、いくぞ。ドーン!!」

 不気味に笑っているセールスマンのように、闇の力を放った。
 すると、

「うぁあああああああ――」

 虹宮の意識がどんどん遠のいていった。

 そして、


「――憑依完了……くく……ちょっろ……。『嘘をつかない』なんていうやつが、嘘をつかない訳がないだろ、ばぁか」


 虹宮に憑依したセンエース(モンジン)は、

「さぁて、どいつを『もう一匹』にしようかなぁ……」


 舌舐めずりをして、周囲をうかがった。
 すると、そこに、

「あれ、虹宮くん、ここで、なにをしているの? トイレに行くんじゃなかった?」

 同じフレア隊の椿美代が通った。

 彼女の姿を確認した虹宮(モンジン)は、邪悪な笑顔を浮かべて、

「君に決めた♪」

 そうつぶやいて、虹宮は、椿に指を向けて、

「はい、ドーン!」

「え?! ぁ! な、なに――」

 あまりにも一瞬の出来事だった。
 何も分からないまま、椿の意識がフっと消えた。

 倒れそうになる椿を、虹宮は、ソっと支えて、パチンと指を鳴らす。

 すると、
 椿がパチっと目をさまし、
 虹宮に対し、スっと、片膝をついて、頭を垂れた。

「我が神……なんなりと御命令を」

「次の命令をするまで、椿美代としておかしくない行動をしておけ」

「おおせのままに」

 そう言うと、椿美代は、スタスタと講堂へと戻っていった。
 その背中を見届けてから、
 虹宮は、


「アダム、アナウンスを流せ。神狼(じんろう)ゲームをはじめる」


『かしこまりました』





 ★


 虹宮が講堂に戻ってくると同時、
 壇上にアダムが現れて、


「それでは、これから、二度目の課題を始める」


「二度目、はや……」
「このペースか……しんど……」
「次はなんだ? 物理か? 地理か?」



「二度目の課題は神狼ゲームだ」



「……また、ずいぶんな変化球がきたな、おい」
「じんろうか……」
「アレ、ぶっちゃけ、運ゲーだからなぁ……」
「確かに、定石知っている者同士でやると、勝敗は完全に運で決まるなぁ」
「てか、まず、ルール知らんやついる?」
「「「「「……」」」」」
「うわ、ゼロだし」
「100人近くいて、ルール知らない人一人もいないの? すごくない? ジャンケン級の浸透率じゃん」
「頭いいヤツは、絶対に人狼のルール知ってる説」

 などと、ゴチャゴチャ言っている彼・彼女達に、アダムは続けて、


「貴様らの中に二人、神狼が混じっている。見つけ出さなければ、全員死ぬ。以上だ。では、がんばれ」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く